【iPhone X/8】電源をオン/オフ(再起動)する方法

スライダで電源オフ

新しいiPhoneを使うとき、端末の電源をオン・オフするやり方がわからず、戸惑うことがあります。

この記事では、iPhone X/8の電源をオン/オフ(再起動)する方法を紹介します。

【iPhone X】電源のオン/オフ(再起動)

iPhone Xでは、電源ボタンの「スリープ/スリープ解除ボタン」の名前が変わり、「サイドボタン」になっています。

電源をオフにする方法

iPhone Xでは、「サイドボタン」長押しがSiriの起動になったため、電源の切り方が以前の機種とは異なります。

1デバイス右側の「サイドボタン」と、左側の「音量ボタン」の上・下どちらかを、同時に長押しします。

2「スライドで電源オフ」が表示されるので、電源マークを右にスライドすると、電源が切れます。

電源をオンにする方法

1iPhoneの電源が切れている状態で、デバイス右側の「サイドボタン」を長押しします。

2すると、画面にAppleロゴが表示されます。少し待つとロック画面またはホーム画面が表示され、電源が入ります。

【iPhone 8】電源のオン/オフ(再起動)

電源をオフにする方法

1デバイス右側の「スリープ/スリープ解除ボタン(電源ボタン)」を長押しします。

2「スライドで電源オフ」が表示されるので、電源マークを右にスライドすると、電源が切れます。

電源をオンにする方法

1iPhoneの電源が切れている状態で、デバイス右側の「スリープ/スリープ解除ボタン(電源ボタン)」を長押しします。

2すると、画面にAppleロゴが表示されます。少し待つとロック画面またはホーム画面が表示され、電源が入ります。

【iOS 11新機能】設定アプリから電源をオフにする方法

iOS 11では、「設定」アプリから電源をオフにすることが可能になりました。

1「設定」アプリを開き、「一般」 → 「システム終了」の順にタップします。

2「スライドで電源オフ」画面が表示されるので、電源マークを右にスライドすると、電源が切れます。

デバイスのボタンを押せないときでも、画面からの操作で、安全に電源オフできます。

まとめ

iPhone X/8で電源をオン・オフする方法を紹介しました。iPhone Xではボタン名称などが変更されていますが、操作に大幅な変更ありません。

シェアする