【iPhone】不要なアプリを削除する2つの方法

アプリの削除画面

iPhoneを使っていると、いろいろなアプリを試したくなってしまいます。

ホーム画面には不要なアプリがたくさんという方もいるでしょう。iPhoneの容量を有効に使うためには、不要なアプリは削除したほうが良いです。

この記事では、アプリを削除する方法を紹介します。

アプリを削除する方法

不要なアプリを削除する方法は2つあります。

  1. ホーム画面から削除
  2. 設定アプリから削除

ホーム画面からアプリを削除する方法から紹介します。

ホーム画面から削除

1. ホーム画面で、どれでもよいのでアプリを軽く長押し(ロングタップ)します。

注意

3D Touch対応機種の場合、強く押すと別の表示が出てしまいます。

2. アプリのアイコンが震え出したら指を離し、左上に表示された「×」ボタンをタップします。確認のポップアップが表示、「削除」をタップすると、アプリが削除されます。

アプリのアイコンを削除

3. 右上の「完了」(iPhone X以外はホーム画面 または ホームボタン)を押すと、通常のホーム画面に戻ります。

完了をタップ

「×」ボタンが表示されないときは?

次のように、iPhoneに元からインストールされているアプリには、削除できないものもあります。そのため、アプリアイコンを長押ししても「×」ボタンは出ません。

削除できないアプリ
  • 設定
  • 電話
  • メッセージ
  • Safari
  • App Store
  • カメラ
  • 写真
  • 時計 など

しかし、上記以外の全てのアプリに「×」ボタンが出ないときは、「Appの削除」がオフになっている可能性があるので、確認しましょう。

1. 「設定」アプリを開き、「一般」 → 「機能制限」の順にタップします。

機能制限

2. 機能制限用パスコードを入力、「Appの削除」をオンにすると、アプリを削除できるようになります。

App削除の機能制限オン

「設定」アプリから削除

アプリ一覧で、容量を確認しながら削除できます。

1. 「設定」アプリを開き、「一般」 → 「iPhoneストレージ」の順にタップします。

iPhoneストレージ

2. 削除したいアプリを選択、「Appを取り除く」または「Appを削除」をタップします。

削除するアプリ選択

メモ

「Appを取り除く」
アプリは削除されますが、書類とデータは保持されます。アプリを再インストールするとデータは復元されます。

「Appを削除」
アプリに関連するすべてのデータが削除されます。

3. 確認のポップアップが表示されるので、「Appを取り除く」または「Appを削除」をタップするとアプリが削除されます。

Appを取り除くかAppを削除をタップ

アプリを削除するときの疑問点

削除しても、再インストールは可能?

アプリをiPhoneから削除しても、App Storeから何度でもインストールできます。(※App Storeでそのアプリが公開終了にならない限り)

有料アプリも無料で再インストール可能?

課金してインストールしたアプリを削除しても、再インストールは無料です。

ただ、ゲームアプリなどで課金したアイテムなどは、再インストール後に引き継がれない場合もあるので、確認してください。

アプリを削除すれば、登録したアカウントも削除される?

会員制サービスのアプリを削除しただけでは、アカウント削除(退会など)をしたことにはなりません。

例えば、Facebookを辞めたい場合、iPhoneでFacebookアプリを削除しても、自分のFacebookアカウントを削除したわけではないので、アカウントのデータは残ったままです。

自分のFacebookのデータを完全に消して辞めたいときは、Facebookからアカウントの停止・削除などの手続きをしてください。他の会員制サービスも同様です。

まとめ

iPhoneのアプリを削除する方法を紹介しました。定期的にしばらく使っていないアプリを削除すると、容量も空いてすっきりします。

シェアする