iPhoneの予測変換をリセット・オフにする方法

webサイトが表示されたiphone

iPhoneの予測変換に打ち間違えた文字や、ほかの人に見られたくない言葉が表示されるようになってしまうと、リセットしたいと思うこともあるでしょう。

そんなときに知っておくと役立つ、予測変換と検索の予測をリセット、またオフにする方法を解説します。なお、ユーザー辞書の単語は消えないので、気軽にリセットして問題ありません。

予測変換をリセット・オフにする方法

まずiPhone全般のキーボード入力に関して、端末に記憶された予測変換のリセットや、予測機能をオフにする方法をご紹介します。

リセットする方法

1. 「設定」アプリを開き、「一般」→「リセット」の順にタップします。

リセット

2. 「キーボードの変換学習をリセット」をタップし、パスコードを入力します。

キーボードの変換学習をリセット

3. 「変換学習をリセット」をタップします。

変換学習をリセット

オフにする方法

1. 「設定」アプリを開き、「一般」 → 「キーボード」の順にタップします。

キーボード

2. 「予測」のスイッチをオフにします。

予測スイッチオフ

Safariの予測を削除・オフにする方法

つづいて、Safariのアドレス入力欄で表示される予測の検索候補を削除、また表示させなくする方法をご紹介します。

削除する方法

1. 「設定」アプリを開き、「Safari」 → 「履歴とWebサイトデータを消去」の順にタップします。

履歴とWebサイトデータを消去

2. ポップアップの「履歴とデータを消去」をタップします。

履歴とデータを消去

オフにする方法

設定アプリ開き、「Safari」をタップします。「検索エンジンの候補」「トップヒットを事前に読み込む」のスイッチをオフにすれば完了です。

検索候補をオフにする

まとめ

予測変換のリセットやオフにする方法をご紹介しました。前述のように、消したいときは設定アプリからカンタンにリセットできます。

ユーザー辞書の削除も、設定アプリのキーボード→ユーザ辞書で、不要な単語を左スワイプするだけなので、入力関連の設定を変更したいときはキーボードの項目を操作してみてください。

シェアする