iPhoneのアラーム音量を変更・固定する方法

音量調整のベルマーク

iPhone左側面の音量ボタンを押すと音の大きさを変更できますが、ときに指が引っかかるなどして、意図せず音の大きさが変わってしまうことがあります。

アラーム音量は大きすぎも小さすぎも不便ですよね。そこで音量を変更する方法と、固定する方法をご紹介します。変わってしまって困るというとき参考にしてみてください。

アラーム音量を変更する方法2つ

アラームの音量を変更する方法は2種類あります。

1. 音量ボタンで変更する

音量ボタンでアラームの音量を変更するには、ホーム画面などで音量ボタンを押し「ベルのマーク」が出た状態で音量レベルを変更してください。

音が鳴るアプリ(ゲームなど)を起動して音量ボタンを押すと「スピーカーのマーク」になり、ゲームアプリなどの音量が変わってしまうので注意してください。

2. 設定から変更する

「設定」アプリの「サウンドと触覚」→「着信音と通知音」で音量を調節してください。

なお、アラーム音自体が鳴らないときは、以下の記事を参考にしてみてください。

iPhone標準の時計アプリを、目覚まし時計として利用している方は多いのではないでしょうか。その場合に困ってしまうのがア…

音量を固定する方法

音量ボタンを無効にする設定にしておけば、誤タッチにより意図せず音量が変わってしまうのを防ぐことができます。手順は以下のとおりです。

「設定」アプリの「サウンドと触覚」→「着信音と通知音」の項目で「ボタンで変更」のスイッチをオフにします。

まとめ

この設定により、ほかの音が鳴るアプリの音量も変更することができます。ゲームの音が大きい・小さいというときも同じように設定してみてください。

アラーム音は大きすぎると周囲に迷惑となってしまうことがありますし、小さすぎると聞き漏らしてしまう可能性もあります。つねに適切な音量となるようにしておきたいですね。

シェアする