【iPhone】標準カレンダーとGoogleカレンダーを同期/解除する方法

Googleカレンダーのアイコン

iPhoneの標準カレンダーアプリは、Googleカレンダーとの同期が可能です。

同期すると、iPhoneの標準カレンダーに登録した情報を、Googleカレンダーに反映することが可能です。

この記事では、iPhoneの標準カレンダーとGoogleカレンダーを同期する方法と解除する方法を紹介します。

iPhone標準カレンダーとGoogleカレンダーを同期する方法

同期すると、iPhone標準カレンダーから、Googleカレンダーのスケジュール確認や通知の受け取りができるようになります。(Googleカレンダーで作成したリマインダーは表示されません)

はじめに、iPhoneにGoogleアカウント登録します。

1「設定」アプリを開き、「アカウントとパスワード」 → 「アカウントの追加」の順にタップします。

Gmailのアカウントを追加

2「Google」を選択し、「メールアドレス」を入力します。

アカウントを追加するメーラーの選択

3「パスワード」を入力。2段階認証を設定している方は、認証コードが送られてくるので、入力します。

Gmailのパスワード入力

4Gmgilとアプリを連携する画面が表示されるので、「カレンダー」のボタンをオンにします。

カレンダーとGmailの連携

5iPhoneの標準カレンダーアプリを開き、画面下の「カレンダー」をタップします。Gmailの項目に、追加したGmailアカウントが登録されていれば、同期は完了です。

カレンダーと連携したGmailを確認

2つの設定でカレンダーをさらに使いやすくする

不要なカレンダーを非表示にする

Googleカレンダーの予定だけを表示したい場合、不要なカレンダーを非表示にします。

「カレンダー」アプリを開き、下部の「カレンダー」をタップ。不要なカレンダーのチェックを外し、「完了」を選択します。

不要なカレンダーを非表示

デフォルトカレンダーをGmailに設定する

「カレンダー」アプリに登録した予定を反映先をGoogleカレンダーに設定します。

1「設定」アプリを開き、「カレンダー」→「デフォルトカレンダー」の順にタップします。

デフォルトカレンダー

2登録したGmailアカウントにチェックを入れたら完了です。

デフォルトカレンダーを選択

iPhone標準カレンダーから予定を登録する方法

iPhone標準カレンダー上から、Googleカレンダーに予定を登録する方法です。

1iPhone標準カレンダーを開き、右上の「+」をタップ。新規イベントを登録する画面が表示されるので、イベント情報を登録します。

新規の予定を作成

2「カレンダー」の項目が、登録したGmailアカウントになっていること確認し、「追加」をタップします。

予定の追加

これで、Googleカレンダーに反映されます。

同期を解除する方法

Googleカレンダーとの同期を解除する方法を紹介します。

「カレンダー」アプリを開き、画面下の「カレンダー」をタップ。GMILの項目、登録したGmailアカウントのチェックを外し「完了」をタップします。

Gmailとカレンダーの連携を解除

これで、Googleカレンダーとの同期は解除されます。

まとめ

仕事やプライベートの予定管理を、Googleカレンダーでおこなっている人は多いです。

同期をすれば、iPhone標準アプリからGoogleカレンダーが使えるので、アプリをインストールする必要もなく、とても便利になります。

予定忘れや確認漏れを防ぐため、カレンダーを使いやすい環境にしておくのは重要です。

シェアする