【iPhone】画面の文字サイズを大きくする方法

ニュース記事を開いているiphone

「iPhoneの画面に表示される文字を大きくしたい!

文字が小さくて見にくいときは、画面の文字を、見やすサイズに変更できます。

この記事では、iPhoneの文字サイズを大きくし、アプリ画面を見やすくする設定方法を紹介します。

設定アプリから文字を大きくする方法

iPhoneでは、メールやメモなど、各種アプリのテキストサイズを、好きな大きさに変えられます。

まず、「設定」アプリから文字サイズを変更する方法を紹介します。

1「設定」アプリを開き、「画面表示と明るさ」→「文字サイズを変更」の順にタップします。

文字サイズを変更

2画面のスライダーを左右にドラッグして動かすと、文字サイズを変更できます。右に動かすほど、大きいサイズにできます。

文字サイズをスライダで変更

「画面表示と明るさ」の設定画面で、「文字を太くする」をオンにすると、さらに見やすくなる場合もあります。

「さらに大きな文字」から変更する方法もあります。

1「設定」アプリを開き、「一般」→「アクセシビリティ」の順にタップします。

アクセシビリティ

2「さらに大きな文字」をタップし、機能を「オン」にします。より大きな文字に変更できるスライダに変わります。

さらに大きな文字のボタンオン

コントロールセンターから文字を大きくする方法

iOS 11では、コントロールセンターのカスタマイズが可能になりました。テキストサイズ変更もコントロールセンターに追加できるようになり、すぐに呼び出せます。

1「設定」アプリから、「コントロールセンター」→「コントロールをカスタマイズ」の順にタップします。

コントロールをカスタマイズ

2「テキストサイズ」のプラスボタンをタップし、コントロールセンターに追加します。

テキストサイズをコントロールセンターに追加

3追加した「テキストサイズ」ボタンをタップすると、文字サイズを調整するバーが表示されます。バーを上下方向へドラッグすると、文字サイズを6段階で調整できます。

テキストサイズの変更

ズーム機能で文字を拡大して見る方法

一時的に拡大して見たいときは、ズームがおすすめです。

1「設定」アプリから、「一般」→「アクセシビリティ」の順にタップします。

アクセシビリティ

2「ズーム機能」をタップ、「ズーム機能」のスイッチを「オン」にします。すると、画面を拡大するツールが表示されます。

ズーム機能をオンにする

ズーム機能の操作方法

画面を拡大/縮小する

3本指で画面をすばやく2回押します。

画面の拡大率を上げる

3本指で画面を2回押した後、指を画面から離さずに画面の上方向に指を動かします。拡大率を下げる場合は、画面の下方向に動かします。

画面内を移動する

3本指で画面を動かします。拡大ウィンドウ枠下部の細長い白バーを押したまま指を動かすと、拡大ウィンドウを移動できます。

画面をすばやく3回押す、またはウィンドウ枠下部の白いバーを押すと、ズームウィンドウのサイズ変更など、ズームの設定ができます。

まとめ

解説したようにiPhoneでは、簡単に文字サイズを大きくすることができます。文字が小さくて読みにくいと、ストレスですよね。

また、目が疲れて見えにくい・視力低下や老眼・メガネやコンタクト忘れなどが原因で、文字を大きくしたいときもあるかもしれません。

文字サイズ変更を活用して、iPhoneをより使いやすくしてみてください。

シェアする