「iPhoneを探す」をオン・オフにする設定方法と紛失時の使い方

パソコンでiphoneを見ている男性

もし、iPhoneをなくしたらどうしよう…そんなときのために、「iPhoneを探す」機能をオンにしておくと、万が一iPhoneの紛失・盗難に遭った際、iPhoneの位置情報がわかります。

この機能を設定すると、端末の現在地をマップ上に表示・警告音を鳴らす・遠隔操作でのパスコード設定などが可能です。

この記事では、「iPhoneを探す」をオン・オフにする設定方法と、実際にiPhoneを紛失したとき、この機能を使ったiPhoneの見つけ方を紹介します。

「iPhoneを探す」機能とは?

「iPhoneを探す」とは、もしもの紛失に備えられる、iPhone標準のセキュリティ機能です。オンにすると、次のような機能と利点があります。

iPhoneを発見できる

  • 現在地または最後にiPhoneがあった場所を、地図上に表示
  • 本体から警告音を鳴らす
  • iPhoneを拾った人に、持ち主の連絡先を伝えられる

情報漏えいの防止

  • 遠隔操作でiPhoneをロック
  • 遠隔操作で本体のデータ消去

「iPhoneを探す」機能は、次の条件にあてはまる場合に使えます。

「iPhoneを探す」機能の利用条件
  • 紛失したiPhoneの電源が入っている
  • iCloudのアカウントを取得し、「iPhoneを探す」がオンになっている
  • モバイルネットワークまたはWi-Fiに接続されている
  • 「位置情報サービス」がオンになっている

「iPhoneを探す」をオンにする設定方法

iPhone紛失時に「iPhoneを探す」機能を使うには、事前に設定しておく必要があります。

1. 「設定」アプリを開き、「ユーザ名」 → 「iCloud」の順にタップします。

ユーザ名からiCloudを選択

2. 「iPhoneを探す」をタップ、「iPhoneを探す」の右側にあるボタンをタップし「オン」にします。ダイアログで位置情報の共有を許可すると、設定完了です。

iPhoneを探すをオン

「最後の位置情報を送信」をオンにすると、バッテリー切れ直前に、iPhoneの位置情報がAppleのサーバーに自動送信されます。オンにしておくのがおすすめです。

最後の位置情報を送信

「iPhoneを探す」をオフにする設定方法

1. 「設定」アプリを開き、「ユーザ名」 → 「iCloud」の順にタップします。

ユーザ名からiCloudを選択

2. 「iPhoneを探す」をタップ、「iPhoneを探す」の右側にあるボタンをタップします。「Apple ID」のパスワード入力し、「オフにする」を選択します。

iPhoneを探す機能をオフにするためにAppleID入力

これで、「iPhoneを探す」機能はオフになります。

iPhoneを探すオフ

iPhoneを修理に出す・他人に譲るなどのときは、オフが推奨されます。

紛失したときの「iPhoneを探す」機能の使い方

iPhoneの位置情報を調べる

iPhoneの場所がわからなくなったときは、次の方法で探せます。

1. パソコンのWebブラウザからiCloud(https://www.icloud.com/)にアクセスします。

2. iPhoneに設定しているApple IDとパスワードを入力し、「iPhoneを探す」をクリックすると、iPhoneの位置情報が地図上に表示されます。

icloudのトップ画面

「すべてのデバイス」をクリックすると、「iPhone / iPadを探す」をオンにしているデバイスの一覧が表示されます。

iphoneを探すですべてのデバイスを表示

Memo

電源が入っていない場合、「すべてのデバイスがオフラインです」と表示されます。

「サウンドを再生」で警告音を鳴らす

「ピピピピ」という警告音を鳴らし、iPhoneの場所を知らせます。

本体電源がオフの場合・インターネット(Wi-Fi)に接続されていない場合は、次回インターネットに接続された時にサウンドが再生されます。

1. 地図上に表示されたiPhoneの緑丸アイコンをクリックし、iPhone名右横の「i」をクリックします。

iphoneアイコンの右横に表示されたiマークをクリック

2. 画面右上に表示される「サウンドを再生」をクリックすると、警告音が鳴り、「iPhoneを探すアラート」のメッセージがiPhoneの画面に表示されます。音量が大きいため、注意してください。

サウンドを再生

「紛失モード」で遠隔ロック

iPhoneを遠隔ロックし、ロック画面に任意の連絡先を表示させ、拾った相手に連絡をくれるよう伝えられます。

本体電源がオフの場合・インターネット(Wi-Fi)に接続されていない場合は、次回インターネットに接続された時に遠隔ロックされます。

1. 地図上に表示されたiPhoneの緑丸アイコンをクリックし、iPhone名右横の「i」をクリックします。

iphoneアイコンの右横に表示されたiマークをクリック

2. 「紛失モード」をクリックし、iPhoneをロックするパスコードを2回入力します。(すでにパスコード設定済みの場合は表示されません。)

紛失モード

3. iPhoneの画面に表示する任意の電話番号を入力し、「次へ」をクリックします。

紛失モードの電話番号入力

4. 電話番号と一緒に表示させたいメッセージ(「このiPhoneを見つけた方は電話をください」等)を入力し、「完了」をクリックすると、紛失モードの設定完了です。

紛失モードのメッセージ入力

紛失モードにするとiPhoneがロックされ、設定した電話番号とメッセージが画面に表示されます。「電話」をタップすると、その電話番号に発信できます。

紛失モードの解除

紛失モードのロックを解除するには下記手順を実行します。

1. iCloudから「紛失モード」をクリックします。

紛失モードの設定解除

2. 「紛失モードを停止」をクリックします。

紛失モードを停止

3. 「紛失モードを停止しますか?」というポップアップが表示されるので、「紛失モードを停止」をクリックすれば、紛失モードは解除されます。

紛失モードを停止

「iPhoneを消去」でデータを消去

iPhone内部の全情報が消され、位置情報もわからなくなります。どうしてもiPhoneが見つからない・悪意ある第三者に盗まれたなど、個人情報流出を防ぎたいときの最終手段なので、慎重におこなってください。

本体電源がオフの場合・インターネット(Wi-Fi)に接続されていない場合は、次回インターネットに接続された時にデータ消去されます。

1. 地図上に表示されたiPhoneの緑丸アイコンをクリックし、iPhone名右横の「i」をクリックします。

iphoneアイコンの右横に表示されたiマークをクリック

2. 「iPhoneを消去」をクリックし、Apple IDのパスワードを入力します。

iPhoneを消去

3. データ消去後、ロック画面に表示するメッセージを入力し、データをリセットします。

リセットすると、所有者のApple IDでサインインしない限り使えないので、悪意ある人による使用を防げます。

まとめ

落とした・置き忘れた・盗まれたなど、iPhoneが手元からなくなる危険は、毎日の色々なシーンで起きる可能性があります。

仕事や生活する上でiPhoneは欠かせないものです。大事なデータがたくさん入っている場合がほとんどなので、無くしてしまうと、大きな損害になりかねません。

最悪の事態に備えて、iPhoneを探す設定をしておき、使い方を知っておきましょう。すると、iPhoneを取り戻せる確率が上がります。

シェアする