【iPhone】Safariのサイト閲覧・検索履歴を削除する方法

Safariのアイコン

iPhoneの標準ウェブブラウザ「Safari」でアクセスしたWebサイトの閲覧・検索履歴は、かんたんに削除できます。

他人に見られたくないプライバシーな情報の履歴データがある場合、消去しておくと安心です。

この記事では、Safariのネット閲覧・検索履歴の削除、履歴を残さず閲覧する方法を紹介します。

Safariの閲覧履歴を削除する方法

Safariから、期間を指定してまとめて、または個別に履歴を削除できます。

Safariの閲覧履歴をまとめて削除

1. 「Safari」アプリを開き、右下の「ブックマーク」をタップ。時計のアイコンを選択すると閲覧履歴が表示されます。

Safariの閲覧履歴

2. 画面右下の「消去」をタップすると、「直近1時間・今日・今日と昨日・すべて」と消去する期間を選択します。

Safariの閲覧履歴を消去

選択した期間の閲覧履歴やCookieが削除されます。

Safariの閲覧履歴を個別に削除

削除したい閲覧履歴を左にスワイプすると、「削除」ボタンが表示されます。「削除」をタップすると、サイトごとに閲覧データを削除できます。

Safariの閲覧履歴を個別に消去

Google検索候補の履歴を削除する方法

Safariの検索窓に文字を入力すると表示されるGoogle検索の履歴を削除し、検索候補(サジェスト)を表示しないように設定します。

1. 「設定」アプリを開き、「Safari」をタップ。「検索エンジンの候補」をオフにします。これで、Googleなどの検索エンジンで検索候補が表示されなくなります。

検索エンジンの候補をオフ

さらに、下にスクロールすると表示される「履歴とWebサイトデータを消去」をタップします。さらに、表示されたポップアップの「履歴とデータを消去」タップすると、Googleの検索履歴や、Safariの閲覧履歴・Cookieが削除されます。

履歴とデータを消去

Safariに履歴を残さず閲覧する方法

Webページを見る際に、「プライベートブラウズ」を使うと、アクセスしたページ・検索履歴・自動入力の情報が残りません。

1.「Safari」アプリを開き、右下の「タブ」アイコンをタップ。左下の「プライベート」をタップします。

プライベートブラウザを開く

2.「完了」をタップすると、プライベートブラウズモードに切り替わります。

プライベートブラウザの完了

通常の画面に戻りたいときは、右下の「タブ」→左下の「プライベート」の順にタップすると、戻ることができます。

まとめ

iPhoneのSafari閲覧履歴を削除する方法を紹介しました。

iPhoneには、プライベートなことが詰まっています。誰かに見られて嫌な思いをしたりトラブルになったりするのを防ぐために、履歴の削除を活用してみてください。

シェアする