【iPhone】コンパスが動かないときの対処・設定方法

コンパスを表示するiPhone

iPhoneのコンパスが動かない、もしくは表示が狂ってしまうとき、コンパスに影響を及ぼすものが近くにあるとか、設定の問題などさまざまな原因が考えられます。

そんなときに確認しておきたいポイント、設定の確認方法などいくつか解説するので、試してみてください。

居場所の環境を変える

いまいる建物や、近くのものの影響でコンパスに問題が生じる可能性があります。以下のような状況のときは外に出てみたり、近くの磁気を発するものから離れたりしてみてください。

  • ビルなど建物のなかにいる
  • 駅のホームや電車内にいる
  • 車のなかにいる
  • 近くに磁石がある(かばんの留め具、手帳型ケースの留め具など)
  • 近くに家電製品がある(電子レンジ、スピーカーなど)

位置情報のオン/オフを確認

コンパスアプリで位置情報がオフになっていると、表示が狂うことがあります。以下の手順でオンにしておいてください。

1「設定」アプリを開き、「プライバシー」 → 「位置情報サービス」の順にタップします。

位置情報サービス

2アプリ一覧から「コンパス」をタップ → 「このAppの使用中のみ許可」を選択して完了です。

このAppを使用中のみ許可

すでに「このAppの使用中のみ許可」になっていた場合は一度「許可しない」に設定し、再度「許可」にしてみてください。

干渉補正をおこなう

コンパスに異常が発生した場合、以下のような「干渉補正」の画面が表示されることがあります。その場合は、指示に従って再設定をおこなってください。

コンパスの干渉補正

電源オフ・再起動をおこなう

これまでご紹介した部分を確認・再設定などしても問題が解決しない場合は、一度電源ボタンを長押しして電源を切り、再起動してみてください。

まとめ

コンパスが動かない場合の対処方法をご紹介しました。たとえばアクセサリーや手帳型のスマホケースなど、ちょっとしたものが影響して正しく動かないことがあります。

周囲の環境を確認して、設定を見直せばたいてい解決することでしょう。それでも直らないようなら、修理店に相談するのもよいかもしれません。

シェアする