【iPhone】標準メモアプリの便利な使い方

メモアプリのアイコン

iPhone標準のメモアプリは最初からインストールされているものでありながら、iOS11から機能がさらに充実し、非常に便利になりました。

ただのメモとしてだけでなく、画像を添付したり手書きの図をつけ足したり、もっと快適になる使い方をまとめてご紹介します。

検証環境

デバイス:iPhone X
iOS:11.4.1

メモアプリを起動する

アプリを最初に起動すると、フォルダの画面が表示されます。これはどこにメモを保存するか確認する画面です。Gmailアプリをお持ちの方は項目に「GMAIL」もあるかもしれません。

全機能を使うには「ICLOUD」か「IPHONE」を選んでください。選択後にメモの画面が表示されるので、一番右下のアイコンを押すことで新しいメモを作成できます。

表を作成する

新しくメモを作成し、一番左下のマス目アイコンを押すと表の罫線が追加されます。中に文字を入力でき、表の上にある「…」を押すと列を追加or削除、横の「…」で行を追加or削除できます。

表を作成

文字を強調する

左から二番目の「Aa」というボタンを押すと、見出しをつけたり文字を強調したりできます。ちなみにB=太字、I=斜体、U=下線、S=打ち消しです。

文字の強調

チェックリストを作成する

真ん中にある丸チェックのボタンを押すと、チェックボタンをつけたリストがつくれます。やることリストとして利用できます。

チェックリスト

書類をスキャン/画像を追加する

右から二番目の+ボタンを押すと、書類をスキャンして追加したり、所持している画像を貼り付けたりできます。それぞれの方法を以下で紹介します。

書類をスキャン

書類をスキャンする

1. 「書類をスキャンする」をタップすると、カメラが起動します。シャッターを押すとワクが表示されるので、メモに貼り付けたい部分をドラッグで指定 → 右下の「スキャンを保持」をタップします。

スキャンを保持

2. すると、再度カメラの画面になって続けてスキャンできます。スキャンを終了するのであれば右下の「保存」をタップ → メモにスキャンした画像が追加されます。

スキャンした書類を表示

スキャンした画像をタップしてから右上のアイコンをタップ→「マークアップ」を選ぶとペンツールを使ってマークもできます。マークアップが終わったら「完了」をタップします。

スキャンした書類にマークアップ

画像を追加する

「写真またはビデオを撮る」を押すと、こちらもカメラが起動します。シャッターを押して写真に問題なければ、右下の「写真を使用」でメモに画像が追加されます。

写真またはビデオを撮る

なお「フォトライブラリ」を選ぶと、手持ちの写真や画像を貼り付けられます。

手書きの図を追加する

一番右にあるペンのボタンを押すと、手書きで図を書き込めます。下にあるパレットの左3つがペンで真ん中が消しゴム、その右が移動ツールで一番右を押すとペンの色が変わります。

ペンツール

メモを共有する

メモは友だちにメッセージやLINEで送信したり、編集権限を与えたりできます。それぞれの方法を解説します。

メモの内容を送信する

1. メモを入力してから右上の四角と矢印のアイコンをタップ → LINEなど共有方法を選びます。内容によってはTwitterやメールでの送信も可能です。

メモをLINEに送信

2. 送信内容を確認して「送信先」の相手を選んで、右上の「送信」をタップするとデータが送信されます。

メモをLINEに送信

この場合、言葉と画像を添付したメモだと、言葉+画像のPDFが二通送信されます。

メモの編集権限を共有する

メモの保存先をICLOUDにしていると、ほかの人もメモが編集できる権限を付与することが可能です。メモを入力してから上の人型アイコンをタップ → 招待方法を選べばOKです。

メモの共有

メモにロックをかける

たとえばサイトのログインID/パスワードなどの情報を書き込んだ場合など、人に見られると困るメモはロックをかけることもできます。くわしくは以下の記事を参照してください。

iPhone標準アプリの「メモ」は、とても便利なアプリのひとつです。 メモに、大切な情報を記入している方もいるので…

まとめ

メモアプリは書き込む、もしくは画像を貼り付けたら右上の「保存」を押すだけですぐ保存されるので、アプリを閉じても問題ありません。

これだけ機能が充実しているので、ちょっとしたメモだけでなく簡易的なエクセル・ワードとしても利用できるのではないでしょうか。

シェアする