【iPhone】Safariで見たサイトのキャッシュを削除する方法

Safariのアイコン

iPhoneでWebサイトを見ているとき、Webの動作やページの表示速度が遅い。

そんなときは、キャッシュを消去すると、改善する可能性が高いです。

この記事では、iPhone標準のWebブラウザ「Safari」で閲覧したサイトのキャッシュを削除する方法を紹介します。

キャッシュとは?

「キャッシュ」とは、インターネットでWebページにアクセスしたとき、そのページのテキスト・画像やサイト構成などの情報を、一時的に保存したデータのことです。

キャッシュがあることで、同じサイトに再度アクセスしたとき、ページすばやく読み込み、スムーズに表示できます。

キャッシュがないと、サイトのテキストデータなどを毎回ダウンロードすることになり、表示に時間がかかる・通信料が多くかかるなどのデメリットがあります。

Safariのキャッシュを削除する方法

Safari全体のキャッシュを削除する方法を紹介します。

Memo

閲覧履歴とCookieも同時に削除されます。

Cookieを削除すると、ログイン中のサイトからログアウトしたり、保存していたサイトの設定がリセットしたりするので注意してください。

1. 「設定」アプリを開き、「Safari」 → 「履歴とWebサイトデータを消去」の順にタップします。

履歴とWebサイトデータを消去

2. 「履歴とデータを消去」をタップします。

履歴とデータを消去

「履歴とWebサイトデータを消去」の項目がグレーになり選択できなくなると、キャッシュの削除は完了です。

特定サイトのキャッシュを削除する方法

他サイトへの影響なく、サイトごと個別にキャッシュ・閲覧履歴・Cookieを消します。

1. 「設定」アプリを開き、「Safari」→「詳細」の順にタップします。

Safariの詳細

2. 「Webサイトデータ」をタップすると、閲覧したことのあるサイトデータが容量順に一覧で表示されます。

Webサイトデータ

3. 右上の「編集」を押して不要なサイトデータを選択して消すか、不要なものを左にスワイプすると「削除」が表示されるので、それをタップで特定サイトのキャッシュが削除されます。

Webサイトデータの削除

Safariのキャッシュを削除するとどうなる?

動作が軽くなる

キャッシュが蓄積すると、端末の容量が圧迫され、動きが重くなることがあります。ネットの速度が遅いときは、キャッシュの削除で改善するかもしれません。

キャッシュと同時にCookieも消去すると、Safariが頻繁にフリーズする現象も改善する可能性があります。

再度ログインする必要がある

キャッシュを削除すると、閲覧履歴とCookieも同時に削除されるので、再ログインすることになります。

ユーザーIDやパスワードを自動保存しているサイトは、再設定が必要です。

まとめ

Safariのキャッシュを削除する方法を紹介しました。

サイトの表示速度が遅いと、ストレスがたまりますよね。本体を再起動しても改善しない場合や、長いあいだ削除していない場合は、キャッシュを消してみるのがおすすめです。

シェアする