【iPhone】ロック画面に通知を表示/非表示にする方法

アプリの通知

iPhoneにメールやLINEなどのメッセージが届いたとき、ロック画面に通知を表示する設定にしておくとすぐ確認できて便利です。

しかしその一方で、スマホを置きっぱなしにしていると第三者からメッセージ内容をのぞき見られるリスクもあります。通知を表示/非表示にする方法などそれぞれ解説します。

ロック画面に通知を表示する/しない方法

まずロック画面に通知を表示させる方法と、表示しない方法、通知を削除する方法をそれぞれ解説します。

通知を表示する方法

1. 「設定」アプリを開き、「通知」をタップ → アプリ一覧が表示されるので、通知したいものをタップします。

通知設定するアプリ一覧

2. 「通知を許可」のスイッチをオン → 「ロック画面に表示」のスイッチをオンにするとロック画面に通知が表示されるようになります。

画面通知

通知を表示しない方法

上記の操作画面で「通知を許可」のスイッチをオフにすると、通知自体しなくなります。また、「ロック画面に表示」のスイッチだけオフにしても、ロック画面に表示されなくなります。

通知を削除する方法

通知は左にスワイプすると「消去」のボタンが表示されて削除できます。

左にスワイプし消去を表示

プレビューのみ表示しない方法

通知をオンにしつつも、メッセージ内容などのプレビューのみ表示しないように設定できます。

1. 「設定」アプリを開き、「通知」をタップ → 一番上「プレビューを表示」をタップします。

通知のプレビューを表示

2. 「ロックされていないときのみ」もしくは「しない」をタップすると「◯件の通知」とだけ表示されるようになります。

通知をロックされていないときのみに設定

ちなみに「ロックされていないときのみ」を選ぶと、操作中だけプレビューが見られます。「しない」にするとプレビュー自体が表示されなくなります。

まとめ

通知をする・しないだけでなく、プレビューする・しないを選ぶこともできるのはよいですね。通知をしたいけれど、勝手に内容を見られたくないという方に最適です。

たとえば「LINEは通知したいけど、メッセージの通知はいらない」というときは、第1項の通知設定画面で個別に設定をおこなうことができます。

シェアする