iPhoneでQRコードの読み取りをする方法

QRコード

これまでiPhoneでは、アプリを使わなければQRコードの読み取りをすることができませんでした。しかし、iOS11以降のバージョンから、標準のカメラアプリでスキャン可能になりました。

カメラアプリでQRコードを読み取る方法とこの機能をオフにする方法、またiOS11にアップデートできなくて使えない、という方におすすめの読み取り方をご紹介します。

【iOS11】QRコードをカメラアプリで読み取る方法

iOS11以降の標準カメラアプリでQRコードを読み取る方法を解説します。特別な設定などは必要なく、撮影モードを「写真」もしくは「スクエア」にするだけです。

1. 「カメラ」アプリを起動、画面にQRコードが映るようにピントを合わせます。(撮影しなくてOK)

カメラでQRコードにピントを合わせる

2. 読み取りに成功すると、上にポップアップが表示されます。なお、URLデータの場合はポップアップを下にスワイプすると、サイトのプレビューを見られます。

QRコードの通知を下にスワイプ

また、電話番号や連絡先データの場合にスワイプすると、つぎのようなメニューが表示されます。電話番号を読み込んだ際、発信ではなくメッセージ送信や連絡先追加したい場合に便利です。

電話番号のQRコード通知をしたにスワイプ

ちなみに読み取った情報にアクセスしないのであれば、ホームボタンを押せば元のカメラ画面に戻ります。

QRコード読み取りをオフにする方法

写真撮影の際に読み取らないようにしたい、ということであれば、つぎの手順で読み取りをオフにすることもできます。

1. 「設定」アプリを開き、「カメラ」 → 「QRコードをスキャン」のスイッチをオフにします。

QRコードスキャン

QRコードをほかのアプリで読み取る方法

LINEのアプリでもQRコードを読み取れます。iOS11にアップデートできないiPhone5以前の機種の方はこちらを利用してはいかがでしょうか。その手順は以下のとおりです。

1. 左下のアイコン → 右上のアイコンの順番でタップ

友だち一覧+追加

2. 上部の「QRコード」をタップ

QRコード

3. QRコードリーダーが起動するので、QRコードが映るようにピントを合わせます。

QRコードリーダー

4. 瞬時に読み取り結果がポップアップ表示されるので、間違いなければ「開く」。

QRコード読み取り結果

ちなみに、QRコードの画像を持っている場合は↑の「ライブラリから読み込む」で画像を選択すると、ポップアップでリンクが表示されます。

このほか、つぎのようなアプリでQRコードの読み取りや作成がおこなえます。

Qrafter

Qrafter

読み込みが速く、高機能なQRコード読み取り・作成アプリ。さらに危険性のあるURLを検知する機能まであり、安心して読み取れます。

Qrafterの操作画面

おもな機能

  • 作成したQRコードはSNSでの共有、印刷も可能
  • 危険性のあるURLを検知
  • 多言語にも対応

詳細情報

  • iOS 9.0以降iPhone/iPad/iPod touch対応
  • App内課金(プロパック¥360)
Qrafter - QRコード

Qrafter – QRコード

Kerem Erkan無料posted withアプリーチ

アドレス交換 – 連絡先QRコード化

アドレス交換 – 連絡先QRコード化

QRコードリーダーとしてはもちろん、名前のとおり連絡先や写真の交換などに使えるQRコード生成機能があるアプリです。完全無料なのもありがたいところ。

アドレス交換の操作画面

おもな機能

  • QRコードをカメラにかざすだけで自動検出
  • 連絡先の情報を選択してQRコード化
  • ガラケー向けに写真をリサイズできる

詳細情報

  • iOS 10.0以降iPhone/iPad/iPod touch対応
アドレス交換 - 連絡先QRコード化

アドレス交換 – 連絡先QRコード化

Takashi Wada無料posted withアプリーチ

まとめ

標準のカメラアプリでQRコードが読み取れるようになったのは、かなり便利ですよね。また、とくに難しい設定が必要ないのもありがたいところ。

QRコードを作成する場合、LINEならLINEアプリでおこなえますし、紹介したアプリで連絡先などのQRコードを作成できるので、アドレス交換したいときに利用してみてはいかがでしょうか。

シェアする