【iPhone】カレンダーで予定を共有する方法

カレンダーアプリ

iPhoneの標準カレンダーアプリはiOSの端末同士で予定を共有することができます。共有したい相手がAndroidやパソコンであっても、Googleカレンダーを使えば共有が可能です。

予定を共有すれば、互いのスケジュールをいつでもスマホやパソコンから確認できますし、一緒に出かける予定なども立てやすいです。その方法について解説します。

標準カレンダーアプリでの共有方法(iOS同士)

iOSユーザー同士であれば、標準カレンダーアプリとiCloudアカウントを使って、カンタンに予定を共有できます。

iCloudをカレンダーでオンにする

共有できる状態にするには、まずiCloudでカレンダーを同期する設定にしなくてはなりません。

1. 「設定」アプリを起動、「ユーザ名」 → 「iCloud」の順にタップします。

ユーザ名からiCloudを選択

2. 「カレンダー」のスイッチをオンにします。

iCloudとカレンダーを連携

共有用カレンダーを作成する

つづいて、予定を共有するためのカレンダーを作成する方法をご紹介します。

1. 「カレンダー」アプリを起動、下部中央の「カレンダー」 → 左下にある「カレンダーを追加」の順にタップします。

カレンダーを追加

2. 任意の名前を設定し、「完了」をタップ → 新しいカレンダーが追加されるので、その横にある(i)をタップします。

共有用カレンダー作成

3. 共有相手の欄の「個人を追加」をタップ → (+)をタップします。

共有する個人を追加

4. 連絡先一覧が表示されるので、共有したい相手を選ぶ → 招待を送りたいメールアドレスか電話番号を選んでタップ → メンバーを選び終えたら右上の「追加」をタップします。

共有相手を選択

5. すると、共有相手に先ほど追加した人物が表示されます。その横にある「表示と編集」をタップすると編集の許可や共有を停止するなどの設定を変更できます。

表示と編集

なお、共有を招待された側には以下のような通知が届きます。

共有相手への通知

Googleカレンダーでの共有方法(iOS⇔Android)

iOS同士だけでなく、AndroidやパソコンなどなどOSが異なる同士で予定を共有するには、Googleカレンダーが便利です。

Gmailとカレンダーをヒモづける

まずGoogleアカウントとGmailアプリのインストールが必要です。そのうえで、カレンダーアプリとヒモづける必要があります。

1. 「設定」アプリを起動、「アカウントとパスワード」 → 「Gmail」の順にタップします。

Gmailを選択

2. 「カレンダー」のスイッチをオンにします。

Gmailとカレンダースイッチオン

これでiPhoneの標準アプリで登録した予定、Googleカレンダーで追加した予定が同期されるようになります。

Googleカレンダーを共有する

つづいて、スマホもしくはパソコンでGoogleカレンダーを開き、共有する方法を解説します。

1. Googleカレンダーを起動、「カレンダーを追加」の横にある(+)を選択 → 「新しいカレンダー」を選択します。

新しいカレンダーを追加

2. カレンダー作成画面が開くので、表示用の名前をつけて右下の「カレンダーを作成」を選択します。

カレンダーを作成

3. カレンダーが作成されたら、左側にある「マイカレンダーの設定」で作成したカレンダーを選択 → 「特定のユーザーとの共有」の項目で「ユーザーを追加」を選択します。

ユーザーを追加

4. 連絡先一覧が表示されるので、そこで選ぶかメールアドレスもしくは名前を入力します。

共有相手のメールアドレスを入力

5. 追加したい相手を選んだら、その下にある権限の「▼」を選択します。

共有相手の権限

6. どの程度の権限を与えるか選択し、右下の「送信」を押すと共有の招待が送信されます。

共有相手の権限を選択

まとめ

このように、カレンダーアプリかGoogleカレンダーいずれかを使って、カンタンに予定を共有することができます。

どちらも予定の共有はいつでも解除できますし、カレンダーを削除するのもカンタンです。家族や友だちと互いの予定を立てるときに役立ててみてはいかがでしょうか。

シェアする