【iPhone】メッセージで既読はつく?つけない方法

メッセージアプリのアイコン

iPhoneに最初からインストールされている標準のメッセージアプリも、場合によってはLINEと同様に既読(開封済み)と表示されます。

では、どのような条件のときに既読の表示がされるのか、また表示しないにはどう設定すればよいかを解説します。

メッセージの種類によって既読がつく

iPhoneのメッセージアプリでは、SMS/MMSとiMessageを使うことができます。それぞれの違いと既読機能のあり/なしを見ていきましょう。

SMS/MMSは既読がつかない

SMSは通常のメッセージで、緑色のトーク画面が特徴です。こちらは既読の機能がありません。メッセージを左にスワイプすると、送受信した時間のみ表示されます。

iMessageは既読がつく

iMessageとは、iOS端末同士だけで利用できるメッセージのことです。設定をオンにするだけで、iOSの相手とのメッセージがiMessageになります。こちらは青色で、SMSと違って既読通知があります。

SMSはメッセージの文字数ごとに料金がかかりますが、こちらはau・Softbankだと同じキャリア同士のやり取りが料金プラン次第では無料になります。

iMessageをオンにする方法

「設定」アプリを開き、「メッセージ」 → 「iMessage」のスイッチをオンにします。

iMessageオン

既読をつけないようにする方法

上記のように、メッセージはiMessageでのやり取りのみ既読がついてしまいます。つけないようにする設定方法が以下です。

「設定」アプリを開き、「メッセージ」 → 「開封証明を送信」のスイッチをオフにすると完了です。

開封証明を送信オフ

メッセージに「開封済み」と表示されないときは、相手側がこの設定を有効にしている可能性があります。

まとめ

このように、メッセージではiMessageのみ既読の表示がつき、またそれは設定でオフにできることもご紹介しました。

既読表示があると、相手側は読んだことを知れる一方、こちら側は「急いで返事しないと」と焦ってしまう方もいるでしょう。既読がついてもいいかどうか、考えて設定してみてはいかがでしょうか。

シェアする