【LINE】トーク・ノートにPDFファイルを添付して送る方法

lineノート

iOS版LINEでも、PDFのような文書ファイルをトークに添付して送ることができるようになりました。

これまで、文書ファイルの送信はAndroid版アプリかPC版のみだったので、利便性がアップしています。

この記事では、LINEのトークやノートにPDFファイルを添付して送る方法を紹介します。

LINEのトークにPDFファイルを添付して送る方法

LINEでは、以下の手順でPDFをトークに添付することができます。

1PDFファイルを送信したい相手とのトークを開き、左下の「+」をタップします。メニューが表示されるので、「ファイル」を選択します。

ファイルを選択

2送信したいPDFファイルを選択します。

ファイルからPDFを選択

3「送信」をタップすると、PDFファイルの送信がはじまります。ファイルのサイズが大きすぎなければ、数秒で送信完了します。

トークにPDFを送信

送信したPDFファイルの閲覧・保存の有効期間は?

送信したPDFファイルには、7日間の有効期間が表示されています。この間に閲覧・保存しないと、受信したファイルは開けなくなるので、注意してください。

LINEのノートにPDFファイルを添付できる?

LINEの「ノート」に、PDFやWord・Excelなどのファイルを添付することはできません。「ノート」に投稿できるのは、画像・動画ファイルのみです。

「ノート」でPDFファイルを共有するには、「Keep(キープ)」に保存してから、PDFファイルの共有URLを「ノート」に張る方法があります。

ここでは、iPhone標準の「ファイル」アプリに保存されたPDFファイルをもとにした手順を紹介します。

1「ファイル」アプリに保存されているPDFファイルを開き、左下の共有アイコンをタップします。

ファイルからPDFを選択

2メニューから「LINE Keepに保存」をタップします。確認画面が表示されるので、「保存」をタップする「Keep」に保存されます。

LINE Keepに保存

3LINEを開き、「友だち」 → 「設定」 → 「プロフィール」の順にタップします。

プロフィール

4「keep」をタップ → メニューバーの「ファイル」を表示します。

Keepからファイルを選択

5PDFファイルを選択し、右下の共有アイコンをタップ → 「共有リンクをコピー」を選択します。

共有リンクをコピー

あとは、共有リンクをノートにコピーするだけです。

まとめ

LINEのトークやノートに、PDFファイルを添付して送る方法を解説しました。

LINEのファイル送信機能を様々なことに活用し、友だちとの情報のやりとりに役立ててみてください。

シェアする