【iPhone】カメラアプリのLive Photosとは?設定方法

iPhoneのLivePhotos

iPhone6S以降の端末から、標準カメラにLive Photosという機能が追加されました。これは、写真撮影の前後1.5秒ずつ、映像と音声が保存されるものです。

つまり、少し動いて音が鳴るお手軽な動画のような写真を撮影することができます。この撮影方法と設定などについて解説していきます。

Live Photosの撮影・設定方法

まず、基本的なLive Photosの撮影方法と設定について解説していきます。

Live Photosで撮影する方法

「カメラ」アプリを起動 → 写真の撮影画面で、上にある三重丸アイコンを押して黄色い状態にします。あとはシャッターを押すだけで、Live Photosが撮影できます。

Live Photos

Live Photosに関する設定方法

カメラの設定で「設定を保持」しておくと、前に撮影した際にLive Photosをオン/オフどちらにしたかを記憶させ、次回の起動時にもその設定を引き継げます。

1. 「設定」アプリを開き、「カメラ」 → 「設定を保持」の順にタップします。

カメラの設定を保持

2. 「Live Photos」のスイッチをオンにします。

Live Photosオン

Live Photosを表示する方法

撮影したLive Photosを確認、またロック画面に設定する方法などをご紹介します。

カメラロールで確認する方法

Live Photosはカメラロールで見ると少しだけ動きます。すべての動きを見たい場合は、写真部分を強くtaタップ(3D Touchといいます)すると動きます。

Live Photosの写真

ロック画面に設定する方法

Live Photosはロック画面に設定して、動く待ち受けにすることもできます。

1. カメラロールで待ち受けに設定したいLive Photosを選び、左下の共有アイコンをタップ → 下部メニューの「壁紙に設定」をタップします。

壁紙に設定

2. 「Live Photos」を選んだ状態で右下の「設定」 → 画面設定の種類を選択すると完了です。

ロック・ホーム・両方に壁紙設定

あとは、待受画面で画像を強くタップすると動きます。なお、ホーム画面では動きません。

Live Photosを編集する方法

Live Photosは普通の写真と同様に色調やサイズ変更などができますが、ほかにも設定を変える編集ができます。

キー写真を変更する方法

キー写真とは、カメラロールで表示されるメインの画像のことです。

1. カメラロールで編集したいLive Photosを選び、右上の「編集」をタップ → キー写真に設定したい場面をタップします。

キー写真に設定したい場面をタップ

2. その上に表示される「キー写真に設定」をタップ → 右下のチェックをタップすると設定完了です。

キー写真に設定

動く場面を変更する方法

動画編集と同じように不要な場面を削ることもできます。

カメラロールで編集したいLive Photosを選び、「編集」をタップ → 下に表示される場面一覧の<と>をスライドさせて必要な場面を選択 → 右下のチェックを押すと編集完了です。

場面選択

動き方を変更する方法

Live Photosの動き方を変更することもできます。

カメラロールで編集したいLive Photosを選び、画像を上にスワイプ → エフェクトという項目が表示されるので、左にスワイプして好きな動き方をタップすると変更できます。

エフェクト選択

エフェクトの種類

  • Live:そのままの状態
  • ループ:再生し終えたらまた最初に戻る動き
  • バウンス:行ったりきたりをくり返す動き
  • 長時間露光:重ね撮りの画像リスト

Live Photosを送る方法

Live PhotosをメールやLINEでそのまま送ると、静止画になってしまいます。そこで、アプリを使って動画に変換するとそのままの状態で相手に送ることが可能です。

Lively

Livelyの操作画面

撮影したLive Photosを映像(Movie)やアニメ(GIF)に変換できるアプリです。変換後そのまま各種SNSやメールなどでスムーズにシェアすることもできます。

おもな機能・特徴

  • 変換した動画をそのままシェアできる
  • 気に入った場面の静止画切り出しもできる

詳細情報

  • iOS 9.1以降iPhone/iPad/iPod touch対応
  • App内課金あり
Lively - Live Photo to GIF

Lively – Live Photo to GIF

Tiny Whale Pte. Ltd.無料posted withアプリーチ

Livelyを使ってシェアする方法

1. 最初にアプリを起動すると写真のアクセスを要求されるので「OK」をタップ → 変換したい画像を選んで、GIFかムービーを選択します。

Livelyの操作画面_2

2. GIFを選び、右下の歯車マークをタップすると再生方向やループなどを選べます。

Livelyの操作画面_3

3. 「エクスポート」をタップすると、シェアするか保存するかを選択できます。

Livelyの操作画面_4

変換したデータは「Lively」というロゴが入りますが、課金すると消せるようになります。

まとめ

このようにLive Photosは躍動感あるショットを撮影でき、動く待ち受けにできるなど、新しい写真のカタチといえます。

シャッター音も小さいので、赤ちゃんや動物を撮影するのにも最適かもしれません。ただし、普通の写真よりデータ容量を消費するので、その部分は注意したほうがよいでしょう。

シェアする