【LINE】送信メッセージの取り消し方 | 相手への通知は?

line送信取消

2017年12月、LINEにトークメッセージの「送信取り消し」機能が追加されました。

これにより、送信相手を間違えた・違う内容を送ってしまったなどの誤送信(誤爆)によるトラブルが防ぎやすくなりました。

この記事では、LINEで送信したメッセージの取り消し方、取り消し操作を行ったときの相手への通知内容について紹介します。

LINEトークメッセージ「送信取り消し」機能とは

「送信取り消し」とは、送信したメッセージを、自分と相手のトークルームから消去できる機能です。送信後、“24時間以内”であれば、既読⋅未読のどちらも取り消せます。

1対1トーク、グループトーク、複数人トークなど、すべてのトークルームでこの機能が利用可能です。

2017年12月に登場したこの機能には、誤送信によるトラブルを防ぐ効果があります。送信後、相手にメッセージを見られる前にすぐに取り消せば、内容を見られることはありません。

取り消せる情報の種類

次のように、LINEで送れるほぼ全ての情報は、取り消しができます。

  • メッセージ
  • スタンプ
  • 画像・写真
  • 動画
  • ボイスメッセージ
  • LINE MUSIC
  • URL
  • 連絡先
  • 位置情報
  • ファイル
  • 通話履歴

送信したメッセージを取り消す方法

1. 送信済みの取り消したいメッセージをロングタップ → 「送信取消」をタップします。

トークの送信取消

2. 取消を確認するポップアップが表示されるので、「送信取消」をタップします。自分と相手のトークルームから該当のメッセージが消え、「メッセージの送信を取り消しました」と表示されます。

送信取消

「送信取消」は相手に通知される?

「送信取消」を行ったことは相手に通知される

メッセージを取り消すと、送信した内容は削除されます。しかし、削除したことは相手に通知されます。

下記図のように、「送信取消」を行うと、相手のトークルーム上に「◯◯がメッセージの送信を取り消しました」と、表示されるのです。

メッセージを取り消しました

スマホの通知からメッセージを見られる可能性がある

機種によっては、スマホに届いた通知(「ポップアップ通知」や「メッセージ通知の内容表示」)は、取り消せないことがあります。

そのため、通知やその履歴から、取り消したメッセージを見られる可能性があります。

通知まで取り消せるかどうかは、相手の通知設定やOSバージョンにより異なります。

「送信取消」の注意点

相手がバージョンをアップデートしていないと取り消せない

メッセージ取り消し機能が使えるのは、次のバージョンのLINEです。

  • iOS(iPad含む):7.17.0以上
  • Android:7.16.0以上
  • Windows/Mac:5.4.0以上

相手が次のような以前のLINEバージョンを利用している場合、この機能に対応していないため、メッセージの取り消しはできないので、気をつけてください。

  • iOS:5.2.2未満、iPad:5.9.5未満
  • Android:6.5.0未満、7.15.0、7.15.1
  • Windows/Mac:5.4.0未満

「削除」と「送信取り消し」の違いに注意

「削除」は、送信したメッセージを自分のトーク上からのみ消せる機能です。

相手のトーク上からもメッセージを消せる「送信取消」とは異なるので、注意してください。

取り消した後、「メッセージの送信を取り消しました」と表示されているかチェックし、送信取り消しになっているか確認するようにしましょう。

まとめ

LINEで送信メッセージを取り消す方法、注意点について解説しました。

送る内容、送り先を間違えてしまったときに、「送信取消」機能は便利です。この機能を待ち望んでいた方もいるでしょう。

ただ、取り消したことは相手に通知されるので、普段から送る前に送信先と内容をチェックする癖をつけるのがおすすめです。

シェアする