【iPhone】タイムラプス動画を撮影する方法

タイムプラス

iPhoneの標準カメラアプリに「タイムラプス撮影」があります。これは長時間同じ地点を静止画として撮影し、コマ送りのような動画にする機能です。低速度撮影ともいいます。

このタイムラプス動画を撮影するにはどうしたらよいか、また編集や設定を変更する方法などもまとめて解説します。

タイムラプスを撮影・編集する方法

まず、標準カメラアプリを使って基本的なタイムラプス動画を撮影する手順、編集の仕方を解説します。

タイムラプスの撮影手順

標準カメラアプリを起動して、シャッターボタン上の撮影メニューをスライドして「タイムラプス」に合わせ、シャッターボタンを押すと撮影開始です。もう一度押すと撮影終了します。

タイムプラス

タイムラプスの編集手順

標準カメラアプリの編集機能では、映像として使用する部分のトリミングだけできます。

1. カメラロールで撮影したタイムラプス動画を表示して、右上の「編集」をタップ → 場面一覧の<と>をスライドさせて必要な場面を選択 → 右下の「完了」をタップ。

タイムプラスの編集

2. 「オリジナルをトリミング」(上書き保存)か「新規クリップとして保存」(新しいデータとして別で保存する)を選んでタップすると編集完了です。

新規クリップとして保存

タイムラプス撮影の注意点3つ

タイムラプスは通常の写真撮影と勝手が違います。つぎのような点に注意してください。

長時間撮影をおこなう必要がある

タイムラプスで撮影した動画はかなり再生時間が圧縮され、30秒程度の撮影では0.1秒程度になってしまいます。そのため、長めの動画にするならそれだけ長時間撮影する必要があります。

そこで、最低でも3分以上は撮影するのがおすすめです。ちょっとしたワンシーンの撮影には向かないことを覚えておいてください。

バッテリー残量・空き容量に注意

長時間の撮影となると、心配になるのがバッテリー消費です。カメラを起動したまま撮影し続けるので、撮影中に電池切れとならないよう注意してください。

また、通常の動画よりも撮影枚数が膨大になりがちなので、空き容量が足りないと撮影に失敗する可能性もあります。容量もチェックしておきましょう。

iPhoneは固定しておく

同じ画角で定点撮影をするのであれば、固定が必須です。iPhoneの角度が傾いたり落下したりすると、せっかくの作品が台無しになる可能性があります。

100円ショップなどでも販売しているスマホスタンドや、落下防止用の指輪(バンカーリング・スマホリング)、三脚などを使って固定しておきましょう。

タイムラプスの設定を変更できるアプリ

標準カメラアプリでは、タイムラプスの撮影とトリミングの編集しかできません。より高度な設定をしたいのであれば、以下のようなアプリを使うとよいでしょう。

Hyperlapse from Instagram

Hyperlapse from Instagramの操作画面

手ブレ補正機能が優秀な、インスタグラムの公式アプリです。補正が利くので三脚などでの固定は不要、走っている最中など手に持ったまま撮影できます。操作も2ステップでカンタンです。

おもな機能・特徴

  • 強力な手ブレ補正あり
  • 再生速度を調整できる
  • 登録やアカウントなしで利用できる

詳細情報

  • iOS 8.0以降iPhone/iPad/iPod touch対応
Hyperlapse from Instagram

Hyperlapse from Instagram

Instagram, Inc.無料posted withアプリーチ

TimeLapse – Free

TimeLapseの操作画面

タイムラプスに特化したアプリです。高画質撮影やちらつき防止など、きれいな映像を撮りたい方に最適な機能が揃っています。無料だと録画や編集に制限があるようです。

おもな機能・特徴

  • 4K、HDで録画撮影できる
  • フリッカー(ちらつき)を防止する機能
  • 彩度、明るさ、コントラストなどが編集可能

詳細情報

  • iOS 8.3以降iPhone/iPad/iPod touch対応
  • App内課金(録画無制限¥240~)
TimeLapse - Free

TimeLapse – Free

xyster.net LLC無料posted withアプリーチ

まとめ

タイムラプス動画といえば、花の開花や街の時間経過、星空などを撮影したものが多いです。しかし、日常の一場面もまるで映画のような作品になります。

おしゃれな映像を撮影してみたいという方は、一度挑戦してみてはいかがでしょうか。思った以上のクオリティに、感動するかもしれません。

シェアする