【iPhone】連絡先をバックアップする3つの方法

連絡先アプリのアイコン

万が一iPhoneが故障したときや、買い替えるときのために、連絡先などの重要データは定期的にバックアップしておくのがおすすめです。

iPhoneのデータバックアップは、意外とむずかしくありません。3つの方法をご紹介するので、もしものために設定してみてはいかがでしょうか。

〔1〕iCloudを使ってバックアップする方法

iCloudでのバックアップは、一度設定すれば「電源に接続中」「ロックorスリープ状態」「Wi-Fi接続中」という3つの条件が揃っているとき、自動でおこなわれます。スマホだけで実行可能です。

1「設定」アプリを開き、「ユーザー名」 → 「iCloud」の順にタップします。

ユーザ名からiCloudを選択

2「連絡先」のスイッチをオン → ポップアップが表示されるので「結合」をタップすると完了です。

連絡先とiCloudを結合

ちなみにiCloudは5GBまでの容量を無料で利用できます。

〔2〕iTunesを使ってバックアップする方法

iTunesをインストールしたパソコンが必要なものの、iCloudのようにWi-Fi接続する必要がなく、任意のタイミングでバックアップできる方法です。

1iPhoneとパソコンをUSBケーブルで接続 → iTunesが起動したら、iPhoneのアイコンをクリックします。

iPhoneのアイコン

2左メニューの「概要」をクリック → バックアップの項目で「このコンピュータ」にチェック →「今すぐバックアップ」をクリックで完了です。

今すぐバックアップ

〔3〕バックアップアプリを使う方法

iCloudの容量が足りないとか、複数でバックアップを取っておきたい場合、アプリならスマホだけでバックアップを作成できます。人気のアプリをご紹介します。

Yahoo!かんたんバックアップ

Yahoo!かんたんバックアップの操作画面

Yahooの提供しているバックアップ専用アプリです。データをクラウドに保管してくれます。容量は5GBまで無料、Yahooプレミアム会員は50GBまで無料です。

おもな機能

  • インストールするだけで定期的にデータを自動保存
  • 預けたデータはすぐ閲覧できる
  • 連絡先のほかに写真や動画を永久保存できる

詳細情報

  • iOS 9.1以降iPhone/iPad/iPod touch対応
  • App内課金(50GBプラン月額¥720)
Yahoo!かんたんバックアップ

Yahoo!かんたんバックアップ

Yahoo Japan Corp.無料posted withアプリーチ

Lookout

Lookoutの操作画面

セキュリティアプリではありますが、連絡先を自動でバックアップしてくれるアプリです。盗難時に役立つ機能も充実しているので、一石二鳥といえます。

おもな機能

  • 連絡先と写真を自動バックアップ
  • スマホ紛失時にGPSで場所を検索できる
  • 盗難時にアラートを発報できる

詳細情報

  • iOS 9.0以降iPhone/iPad/iPod touch対応
  • App内課金(プレミアム月額¥360)
Lookout: モバイルセキュリティ

Lookout: モバイルセキュリティ

Lookout, Inc.無料posted withアプリーチ

まとめ

いずれも操作がカンタンで分かりやすく、ほかにサービス登録しなくても無料で利用できるものを厳選して紹介しました。

iTunesにデータをバックアップしていたのにパソコンが壊れた!という可能性もあるので、できれば複数の手段でバックアップしておくとより安心です。

シェアする