【iPhone】リマインダーの使い方 | タスク管理に使える仕事効率化アプリ

リマインダーのアイコン

仕事日常生活で、「あれをしておくのを忘れてしまった!」ということはありませんか?

iPhone標準アプリの「リマインダー」は、やるべきことを”思い出させる(リマインド)”アプリです。

登録したタスクやToDoを、時間や場所になると通知してくれるので便利です。これを使えば、仕事や生活のやるべきことを、スケジュールやメモ帳より効率的に管理できます。

この記事では、リマインダーの使い方を紹介します。

リマインダーの基本機能

リマインダーは、やることを登録しておくと、指定した時間や指定場所に近づくと通知してくれるアプリです。

基本機能は、リマインダーリストの2つです。

リスト・リマインダー

リマインダー

「今日の9時に書類を送る」「明日の夜、パンを買う」といった、やるべきタスク(作業・項目)のことです。

リスト

リマインダー(やるべきこと)を、分類ごとにまとめたリストのことです。リマインダーは、かならずリストに入れます。

リストの作成方法

1「リマインダー」アプリを起動、画面右上の「+」 → 「リスト」の順にタップします。

リストを作成

2リストタイトルを入力、文字色を選び「完了」をタップします。

リスト名を入力

リスト一覧画面に、先ほど作成したリストが追加されています。

作成したリスト一覧

リマインダーの使い方

リマインダーの作成・追加方法

リマインダーの作成方法は2つあります。

パターン1:リマインダーの作成方法

リマインダーを作成したいリストをタップします。空白部分をタップ → リマインダー名を入力 → 「完了」をタップします。

リマインダー名入力

パターン2:リマインダーの作成方法

1画面右上の「+」 → 「リマインダー」の順にタップします。

リマインダーを作成

2リマインダーを作成するリストを選択します。

リストの選択

3リマインダー名を入力し、「完了」をタップします。
(指定日時・場所については「リマインダーの詳細設定」で解説します。)

リマインダー名入力

リストの詳細設定

リストの名称変更

リストを開き、右上の「編集」をタップ → リスト名をタップすると編集モードになります。名称を変更し、「完了」をタップします。

リスト名の編集

カラーの変更

1リストを開き、右上の「編集」 → 「カラーの順にタップします。

カラーの編集

2変更する色を選択します。

カラーの選択

共有の設定

リストは、家族や会社の人など、他の人と共有できます。仕事のタスクや必要なことを共有するなど、便利な使い方ができます。

1リストを開き、右上の「編集」 → 「共有」の順にタップします。

リストの共有

2「参加者を追加…」をタップ → 共有したい相手を選び、「追加」タップします。相手に共有参加についてのメールとリマインダー通知が届き、承認されると、リストが共有されます。

共有相手の選択

リマインダーの詳細設定

名称変更

リストを開き、名称変更したいリマインダーをタップして直接変更。 または 「i」マークをタップして詳細画面から名称を変更します。

リマインダー名の編集

指定日時で通知

「12時に荷物を郵送する」など、指定した日時にアラーム(繰り返し)を設定できます。

「指定日時で通知」をオンにする

設定したいリマインダーの右横にある「i」をタップ → 「指定日時で通知」のスイッチをオンにします。

指定日時の通知オン

アラーム

「アラーム」をタップ → 日時を設定します。

通知日時の指定

繰り返し

「繰り返し」をタップし、繰り返しの間隔を選びます。

繰り返しの間隔を設定

「カスタム」では、間隔を自由に設定できます。

カスタムで繰り返しの間隔を設定

繰り返しの終了

繰り返しの終了日も設定できます。

「繰り返しの終了」をタップすると、「永続的に繰り返す」「繰り返しの終了日」の2つを選択できます。終了日を設定する場合は、「繰り返しの終了日」にチェックを入れ、日を設定します。

繰り返しの終了

指定場所で通知

「会社を出たら、スーパーで野菜を買う」など、指定場所に近づくor離れたとき、通知されます。

場所の設定

1設定したいリマインダーを開き、「i」をタップ → 「指定場所で通知」をオンにします。

指定場所で通知オン

2「場所」 → 場所の名称または住所を検索欄に入力し、表示された候補から希望の場所を選びます。

通知場所を設定

注意

「位置情報サービス」がオンになっている必要があります。

通知のタイミング

1指定場所を選んだら、通知するタイミングを、指定場所の「到着時」または「出発時」から選びます。

場所指定の通知のタイミング

2左上の「詳細」 → 「完了」の順にタップすると完了です。

優先順位の選択

詳細画面の「優先順位」から「なし」「!」「!!」「!!!」のいずれかを選択し、「完了」をタップします。設定すると、リマインダーにマークが付き、重要なタスクが一目でわかります。

リストの変更

詳細画面の「リスト」から変更先のリストを選択し、「完了」をタップします。

メモの記述

「メモ」では、リマインダーの詳細を詳しく書いておけます。

リストの編集

リストの順番入れ替え

リストを長押し、上下にドラッグして動かすと、リストの順番を入れ替えられます。

リストの削除

1リストを開き、「編集」をタップします。

2画面下の「リストを削除」を選ぶと、リストが削除されます。

リマインダーの編集

リマインダーの削除

1リストを開き、右上の「編集」をタップします。

2削除したいリマインダーの左側に表示される赤丸をタップすると「詳細」と「削除」が表示されます。

3「削除」をタップすると、リマインダーが削除されます。

実行済みの項目を表示・非表示

実行したリマインダーは削除せず、「実行済み」にして非表示にもできます。すると、後で再表示できます。

1リストを開き、リマインダーにチェックを入れます。

2チェックを入れたリマインダーの文字色は薄くなり、右上の数字も減ります。

3リスト一覧画面に戻り、先ほどのリストを開くと、実行済みにした項目は非表示になっています。
再表示させるときは、画面下「実行済みの項目を表示」をタップします。

iCloudでリマインダーを共有する

iCloud を使えば、iPhone、iPad、iPod touchすべてのデバイスで、リマインダーの最新情報を同期できます。

iCloud でリマインダーを設定する方法

1「設定」アプリを起動、「ユーザー名」 → 「iCloud」の順にタップします。

2「リマインダー」をオンにします。同じ Apple ID でサインインしているすべてのApple 製デバイスで、リマインダーが表示されます。

Siriにリマインダーの予定を通知してもらう

Siri にリマインダーを設定してもらうには、Siri に次のように話しかけてください。

「”Hey Siri” 明日の10時にゴミ出しするようリマインダーを設定して」
「家に着いたら母に電話するようにリマインドして」

自宅などの住所を登録すれば、「家に着いたら~」といった頼み方もできます。

1「連絡先」アプリを起動、登録したい住所を自分の連絡先カードに追加します。

2「設定」アプリを起動、「Siri と検索」→「自分の情報」の順にタップします。

3自分の連絡先カードを選び、「自分の情報」に追加します。

まとめ

iPhoneのリマインダーを使えば、やるべきこと・覚えておきたいことを、かんたんに管理できます。

iOS標準アプリの中ではとても便利なツールなので、ぜひ使ってみてください。

シェアする