【iPhone】着信拒否する方法|SMSはどうなる?

メッセージアプリのアイコン

iPhoneでは端末自体の設定で、電話を受けたくない相手をカンタンに着信拒否できます。しかし、それにより「SMSは届く?」「相手に通知はいく?」など気になる方もいらっしゃるでしょう。

着信拒否の方法から、拒否した場合のSMSに関する影響などをまとめて解説します。拒否したいとき、参考にしてみてください。

iPhoneで着信拒否をする方法

iPhoneで連絡先に登録していない相手と、登録してある相手を着信拒否する方法を、それぞれご紹介していきます。

連絡先に未登録の相手を拒否する(電話/SMS)

電話アプリから拒否する方法

1電話アプリを起動して「履歴」タブで、拒否したい番号右の(i)をタップ → 一番下の「この発信者を着信拒否」をタップします。

この発信者を着信拒否

2「連絡先を着信拒否」をタップすると拒否設定できます。

連絡先を着信拒否

メッセージアプリから拒否する方法

1メッセージアプリを起動して、拒否したい相手からのSMSを開く → トーク画面の右上にある(i)をタップします。

メッセージ

2受話器アイコン右にある「>」をタップ → 一番下にある「この発信者を着信拒否」をタップします。

この発信者を着信拒否

3「連絡先を着信拒否」をタップすると完了です。

連絡先を着信拒否

連絡先に登録済みの相手を拒否する

1「設定」アプリを開き、「電話」 → 「着信拒否設定と着信ID」の順にタップします。

着信拒否設定と着信ID

2「連絡先を着信拒否…」をタップ → 連絡先一覧が表示されるので、拒否したい相手を選択すれば完了です。

連絡先を着信拒否

着信拒否するとSMSはどうなる?

では、上記の手順で受信拒否を行った場合、自分や相手はどのようになるのかを解説していきます。

受信することはできる?

着信拒否をした人物からの電話とSMSはすべて拒否されます。ただし、電話やSMS以外のメールやLINEは別で設定しないと届くので注意してください。

相手にバレる?

通常、SMSを送信した人のトークは下に「配信済み」と表示が出ます。しかし、拒否した相手に送信するとこれが表示されません。

相手が「拒否されるとなにも表示されない」と知っていればバレるかもしれませんが、基本的に気づかないのではないでしょうか。また相手に「拒否されています」など通知が届いたりもしません。

まとめ

このように、着信拒否をすると相手からの電話やSMSが届くことはなく、またおそらく相手にもバレることはないと思われます。

「受信したくないけど、拒否したことがバレると気まずくて困る」という方も、あまり気にせず拒否してしまってもよいのではないでしょうか。

シェアする