【iPhone】時計がずれるときの対処法5つ

顔認証でロックを解除

iPhoneの時計は初期設定で、自動的に現在地の時刻となる仕様になっています。しかし、不具合などさまざまな原因で、ときに正しい時刻からずれることがあるようです。

時計の時間が狂ってしまったとき、直る可能性のある方法を解説します。時報などで正しい時間を確認し、ずれが確定したときに試してみてください。

〔1〕端末を再起動してみる

iPhoneを長く起動させたままだと、不具合が起こることもあります。時計がおかしいとき、まず再起動してみてください。電源ボタンを長押しして終了 → 数分後に再度電源ボタン長押しで起動します。

〔2〕時計の設定を見直す

時計の設定を操作したら直ったという事例もあります。以下の方法を試してみてはいかがでしょうか。

自動設定をオン/オフにする

初期設定だと時刻の自動設定がオンになっているはずです。このオン/オフを切り替えることで再設定される可能性があります。

1. 「設定」アプリを開き、「一般」 → 「日付と時刻」の順にタップします。

日付と時刻

2. 「自動設定」のスイッチを一度オフにして、再度オンにします。

自動設定をオン

手動設定にする

手動で現在地を設定し直すことで、本当に正しい時刻が設定される可能性があります。

1. 「設定」アプリを開き、「一般」 → 「日付と時刻」の順にタップします。

日付と時刻

2. 「自動設定」のスイッチをオフ → その下の「時間帯」をタップします。

時間帯の設定

3. 入力欄に地名(東京、大阪など)を入力し、表示されたものをタップすると完了です。

時間帯のエリア設定

〔3〕設定のリセットをおこなう

なんらかの設定が影響している場合、以下の手順で端末の設定をすべてリセットすると解決する可能性があります。

設定をリセットする方法

1. 「設定」アプリを開き、「一般」 → 一番下にある「リセット」の順にタップします。

リセット

2. 「すべての設定をリセット」をタップ → パスコードを入力して完了です。

すべての設定をリセット

〔4〕iOSを最新版にアップデートする

以前、iOSのバージョンによっては時計がずれてしまうバグがありました。この場合、最新版にアップデートすることで改善されます。

設定アプリの右上に赤く数字の丸があるとき、iOSがバージョンアップ可能です。以下の手順で更新することができます。

最新版にアップデートする方法

1. 「設定」アプリを開き、「一般」 → 「ソフトウェア・アップデート」の順にタップします。

ソフトウェア・アップデート

2. 「ダウンロードとインストール」で更新作業が開始されます。

〔5〕バックアップから復元する

データをバックアップしてから初期化し、復元する方法です。これまで紹介した方法のなかでもっとも手間が掛かり、自分でおこなえる最終手段といえます。

バックアップ → 復元する方法

バックアップする方法

iCloudやiTunes、アプリなどを使ってバックアップと復元がおこなえます。以下の記事でくわしく解説しているので参考にしてみてください。

万が一iPhoneが故障したときや、買い替えるときのために、連絡先などの重要データは定期的にバックアップしておくのがおす…

復元する方法

初期化してから起動すると、初期設定がはじまります。この手順に従って進むと「バックアップから復元する」という画面が表示されます。

その画面でバックアップに使った手段を選択し、バックアップに使用したApple ID・パスワードを入力して進めると復元できます。

まとめ

時計がずれてしまうと、生活に支障が出る部分も大いにありますし、とくにアラームなどを利用している方は困ってしまいますよね。

ずれていることに気づいたら、まず再起動して変わらないようなら、上から順に対処法を試してみてください。

シェアする