【iPhone】位置情報を共有・解除する方法

iphone位置情報

iPhoneではLINEやGoogleマップ、標準のメッセージアプリなどを使って、家族や友人に自分の現在地の位置情報を共有できます。

位置情報を共有するために必要な設定や各アプリでの操作方法、また共有を解除する方法などをまとめて解説します。

位置情報を共有/解除する方法

まず端末の設定で位置情報の共有と、位置情報の送信に使うアプリの位置情報サービスをオンにする必要があります。オフにする方法と合わせて解説します。

位置情報の共有をオン/オフにする

メッセージと友達を探すのアプリで位置情報を共有する場合はオンにする必要があります。

1. 「設定」アプリを開き、「ユーザー名」 → 「iCloud」の順にタップします。

ユーザ名からiCloudを選択

2. 一番下の「位置情報を共有」をタップ → スイッチをオンにすると共有できる状態になります。

位置情報共有のスイッチオン

このスイッチをオフにすると、位置情報の共有を解除します。

位置情報サービスをオン/オフにする

位置情報の送信に使うアプリの位置情報サービスをオン/オフにする手順を解説します。共有できるアプリはメッセージ、LINE、Googleマップなどがあるので、使い勝手のよいものを選んでください。

1. 「設定」アプリを開き、「プライバシー」 → 「位置情報サービス」の順にタップします。

位置情報サービス

2. 一覧から位置情報の送信に使うアプリを選んでタップ → 「このAppの使用中のみ許可」もしくは「常に許可」を選択して完了です。

このAppを使用中のみ許可

この部分で「許可しない」を選ぶと位置情報サービスがオフになります。

「LINE」で位置情報を共有/解除する方法

LINEでは自分で現在地を選択して、トーク画面で地図を送信することができます。

位置情報を共有する手順

1. 位置情報を送信したい相手のトーク画面を開き、左下の「+」をタップ → 「位置情報」をタップします。

位置情報

2. 現在地の候補が一覧表示されるので、そのなかから選んで「この位置を送信」をタップすると、トークで送信されます。

この位置情報を送信

共有を解除する手順

自分から位置情報を送信しなければ、相手に現在地がバレることはありません。共有しない設定にするのであれば、第1項「位置情報サービスをオン/オフにする」の手順でオフにしてください。

「Googleマップ」で位置情報を共有/解除する方法

Googleマップでは連絡先を登録している相手に、閲覧できる時間を指定して現在地を共有できます。

Google マップ - GPS ナビ

Google マップ – GPS ナビ

Google, Inc.無料posted withアプリーチ

位置情報を共有する手順

1. Googleマップを起動して、左上の「≡」をタップ →「現在地の共有」をタップします。

現在地の共有

2. 下部の「使ってみる」をタップ → 共有する期間を+-(15分~3日)で設定、もしくは「自分で無効にするまで」を選び、「ユーザーを選択」をタップします。

ユーザーを選択

3. 宛先の入力欄に電話番号やアドレスの一部を入力すると、連絡先の候補が表示されます。表示されたユーザーから共有したい人物を選んでタップ → ポップアップの「OK」をタップします。

ユーザーを検索しOK

4. 右上の「共有」をタップ → 現在地の共有に対する問いに関して右下の「有効にする」をタップします。すると、相手に共有リンクを記載したメールが送信されます。

共有を有効にする

注意

Google Mapsの位置情報共有を有効にするには、「設定」アプリの位置情報を「常に許可」にしておく必要があります。

位置情報の許可

共有を解除する手順

上記の画面で「現在地の表示を許可する」のスイッチを切り、第1項「位置情報サービスをオン/オフにする」の手順でオフにしてください。

「メッセージ」で位置情報を共有/解除する方法

メッセージアプリでは、トーク画面で現在地をリアルタイムに共有することができます。

位置情報を共有する手順

1. 位置情報を送信したい相手のトーク画面を開き、右上の(i)をタップ →「位置情報を共有」をタップします。

位置情報を共有

2. 共有する時間の候補が表示されるので、選んでタップ → 位置情報が表示されるので、右上の「完了」をタップすると、位置情報が送信されます。

共有期間を設定

共有を解除する手順

トーク画面の「◯◯さんの現在地」をタップ →「位置情報の共有を停止」を選択して、再度同じ文言のポップアップをタップすると共有が終了します。

位置情報の共有自体をやめるのであれば、第1項「位置情報を共有/解除する方法」の設定をすべてオフにしてください。

まとめ

このように、さまざまなアプリを使って位置情報の共有ができます。待ち合わせるときや、はぐれてしまったときなどに使えそうです。

しかし、位置情報の機能を悪用して監視やストーカーをおこなう人もいるそうなので、不必要なときはオフにしておいたほうがよいでしょう。

シェアする