【iPhone】iCloudの容量を確認・空きを増やす方法

iCloudの容量

iCloudは5GBまで無料で、iPhonだけあればすぐ使えるので、データバックアップに利用している方は多いのではないでしょうか。

しかし、気にせず使っていると容量がいっぱいになって、保存できなくなることもがあります。そうならないために容量を確認する方法と、空きを容量を増やす方法を解説します。

iCloudの容量を確認する方法

まず、iCloudでどの程度容量を使用しているのか確認する方法を見ていきましょう。

1「設定」アプリを開き、「ユーザー名」 → 「iCloud」の順にタップします。

ユーザ名からiCloudを選択

2この画面で表示されている「使用済み:」の部分が使用している容量です。

iCloudの使用済みデータ

ここで、データのバックアップが不要なアプリはスイッチを切っておくとよいでしょう。

空き容量を増やす方法

容量がいっぱいになってきたのであれば、不要なデータを消すかストレージ容量を増やすしかありません。

不要なデータを削除する

iCloudに保存されているデータを、つぎのような方法で保管・削除すれば、容量を空けることができます。

データを整理する

似たような写真を消す、あまり使っていないアプリのデータを削除するなど、必要最低限のデータのみ残しておくとよいでしょう。

パソコン・USBに移動する

パソコンと接続して、写真や動画などのデータを移してパソコンの中やUSBメモリなどに外部保管しておく方法です。移してから元のデータを消せば、かなり容量を減らせます。

ほかのクラウドサービスを併用する

DropboxやGoogleフォトなど、ほかのオンラインストレージサービスにデータを分散することで、iCloudのデータ容量を節約する方法です。

ストレージをアップグレードする

不要なデータを消してもまだ容量が足りない、iCloudで保存したい、という方はストレージ容量をアップグレードするとよいでしょう。

1「ストレージを管理」 → 「ストレージプランを変更」の順にタップします。

ストレージプランを変更

2アップグレードの画面になるので、変更したいプランを選択 → 右上の「購入する」をタップすると完了です。

ストレージプのアップグレード

このプランはいつでも変更できますが、自動課金なので一定期間だけ変更したいという方は、解約を忘れないように注意してください。

まとめ

写真や動画などが多い方や、すべてのデータをクラウドに移したいという方だと、無料枠の5GBはすぐに使ってしまう可能性があります。

これまで紹介したように、保存しきれないようならパソコンやUSB、ほかのストレージサービスを利用するか、まず50GBプランにしてみるのも手です。

シェアする