iPhoneのGPS設定 | オフ設定・精度を高める方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneのGPS機能は初期から有効になっています。しかし、ムダに多くのアプリで有効だと、余計にバッテリーを消耗したり、意図せず位置情報を外部送信したりする可能性があります。

そのためにも、本当に必要なアプリだけでオンにすると、電池の減りを抑えられるうえに安心して利用できるでしょう。その方法や、位置情報がおかしいときの精度の高め方などを解説します。

GPSをオフにする方法

1. 設定アプリを開き、「プライバシー」→「位置情報サービス」の順にタップします。

位置情報サービス

位置情報を送信したくないアプリのスイッチを切ると、GPSがオフになります。地図や天気アプリなど位置情報を利用したほうがよいアプリ以外はオフにして問題ありません。

GPSを使いたいアプリも「このAppの使用中のみ許可」と設定することで、ムダな電池の消耗を抑えられます。

なお一番上「位置情報サービス」のスイッチ自体をオフにすると、すべてのアプリでGPSを利用しない設定にできます。

位置情報サービスをオフ

GPSの精度を高める方法

地図アプリなどを使っていて、現在位置が全然違う場所を指していることがありますよね。そんなとき、つぎのように対処すると精度を高められます。

Wi-Fiをオンにする

1. 設定アプリを開き、「Wi-Fi」をタップし、設定画面でWi-Fiのスイッチをオンにします。(接続はしなくてもOK)

Wi-Fiのスイッチオン

もしくはコントロールセンターを開いて、Wi-Fiアイコンをタップするだけでもオンにできます。

コントールセンターを開きWi-Fiオン

2. 設定に戻り、「プライバシー」→「位置情報サービス」の順にタップします。

位置情報サービス

3. 下にスクロールして「システムサービス」→「Wi-Fiネットワーク」のスイッチをオンにします。

Wi-Fiネットワークのスイッチオン

時刻を自動設定にする

1. 設定アプリを開き、「一般」→「日付と時刻」の順にタップします。

日付と時刻

2. 設定画面が表示されるので、「自動設定」のスイッチをオンにします。

自動設定

まとめ

GPSのオン・オフはとてもカンタンだと、お分かりいただけたのではないでしょうか。基本的に地図や天気、必要に応じてSafariなどのアプリのみで、位置情報を許可するだけでよいかもしれません。

FacebookやTwitterなど各種SNSで位置情報を送信したくない場合、SNSアプリでの設定はもちろん、こちらでも位置情報をオフにしておくと二重で安心です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*