iPhoneを売るときにやっておくべき5つのこと

手に持たれたiphone

iPhoneなどのスマホを買い取りや下取りに出すとき、端末の初期化はもちろんのこと、やっておくべきことがいくつかあります。

最近は買い取り業者がデータの初期化を請け負うところもありますが、絶対悪用されないとは限りません。そこで個人でもカンタンにできる、やっておくべきことを5つご紹介します。

〔1〕iCloudのサインアウト

データの初期化とともに重要なのが、iCloudのサインアウトです。アカウントを悪用されないため、忘れないようにしておきましょう。

サインアウトする方法

1. 「設定」アプリを開き、「ユーザ名」 → 一番下の「サインアウト」の順にタップします。

ユーザ名からiCloudを選択

2. データのコピーを残すか問われるので、残したいデータのスイッチをオンにして右上「サインアウト」→ 確認画面で再度「サインアウト」をタップで完了です。

サインアウト

〔2〕データの初期化

初期化とは、iPhoneに保存されたデータや設定などすべてを消す作業です。データをiCloudやiTunesにバックアップしておいて実施しましょう。

iPhoneをリセットする方法

1. 「設定」アプリを開き、「一般」 → 「リセット」の順にタップします。

リセット

2. 「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップ → 確認画面が表示されるので「バックアップしてから消去」または「今すぐ消去」を選択します。

すべてのコンテンツと設定を消去

〔3〕SIMカードを取り出す

SIMカードは右サイド、細長い切れ込みの箇所に格納されています。この部分の穴に付属の「SIMピン」を差し込むと飛び出して開きます。

sim取り出し

SIMピンはiPhoneの入っていた箱に同梱されています。もし紛失した場合でも、一般的な針金クリップ(ゼムクリップ)を伸ばせば代用可能です。

〔4〕ロックを解除しておく

パスコードやTouch ID(指紋認証)、Face ID(顔認証)でのロックをしているのであれば、すべて解除しなくてはなりません。

ロックを解除する方法

1. 「設定」アプリを開き、「Face ID(Touch ID)とパスコード」をタップし、パスコードを入力します。

パスコード入力

2. 「パスコードをオフにする」→「オフにする」の順にタップします。

パスコードをオフにする

Touh IDの場合

  • 「TOUCH IDを使用:」の項目のスイッチをすべてオフに
  • 指紋一覧で登録した指紋をタップ→「指紋を削除」をタップですべて削除

Face IDの場合

  • 「FACE IDを使用:」の項目のスイッチをすべてオフに
  • 「Face IDをリセット」をタップして削除

〔5〕「iPhoneを探す」をオフに

iOS7以降の場合は「iPhoneを探す」の機能をオフにする必要があります。手順は以下のとおりです。

オフにする方法

1. 「設定」アプリを開き、「ユーザ名」 → 「iCloud」の順にタップします。

ユーザ名からiCloudを選択

2. 「iPhoneを探す」をタップ、「iPhoneを探す」の右側にあるボタンをタップします。「Apple ID」のパスワード入力し、「オフにする」を選択します。

iPhoneを探す機能をオフにするためにAppleID入力

注意しなくてはならないポイント

上記で紹介したほか、注意しなくてはならないこともあります。つぎのような部分を確認してください。

付属品が揃っているか確認

付属のパーツがなくても問題ないという買い取りサービスもありますが、基本はすべて揃っているのが望ましいです。箱やイヤホン、ケーブルやSIMピンなどまとめておくことをおすすめします。

端末代金を完済しているか確認

過去に実質0円などキャンペーンで購入した場合、年単位で分割払いになることが多いです。基本的には完済していないと売却できないので、キャリアのマイページなどで残債を確認しましょう。

カスタマイズ・脱獄は厳禁

フロントパネルの改造など非公式の外装カスタマイズや、脱獄(ジェイルブレイク)で設定を改変したiPhoneは買い取り対象外になる可能性があります。買い取ってもらえるか確認しましょう。

まとめ

このほか、掃除もしておくと評価額を上げられる可能性があります。また、買い取りの際には動作確認があるので、ある程度充電をしておくのが望ましいです。

ほかにも買い取り条件をよく確認したり、あとは買い取り業者が違法ではないかなどを調べたりして、スムーズに売却できるようにしておきたいですね。

シェアする