【LINE】友だち自動追加をオフにする設定方法

line友だち自動追加

LINEの友だち自動追加がオンになっていると、電話帳に電話番号やメールアドレスを登録している人が、LINEの友だちリストへ自動的に登録されます。

しかし、「仕事相手など友だちに追加したくない」という人もいますよね。自動追加は、オン・オフをすぐに切り替え可能です。

この記事では、LINEの友だち自動追加をオフにする設定方法を紹介します。

友だち自動追加をオフにする方法

「友だち自動追加」とは、LINEで友人を簡単に探せるよう、スマホのアドレス帳に登録されている電話番号・メールアドレスをサーバーに送信し、「友だち」に追加(登録)する機能です。

「仕事相手の人とつながりたくない」という方は、自動追加の設定をオフにしておく必要があります。

それでは、友だち自動追加をオフにする設定方法を説明します。

1下部メニューから「友だち」 → 「設定」の順にタップします。

歯車アイコンをタップ

2「友だち」 → 「友だち自動追加」をオフにします。

友だち自動追加オフ

機種変更の引き継ぎやLINEに新規登録するとき、「友だち自動追加」はオンになっています。

アドレス帳の連絡先とLINEを同期したくない場合は、設定を進める前にオフにするか、下部で紹介する「名前に「#」で特定の相手を友だち自動追加から外す方法」を行ってください。

「友だち自動追加」をオンにいているとどうなる?

「友だち自動追加」をオンにしていると、電話番号を登録している人が友だちに追加されます。

たとえば、一方が連絡先を登録していて、もう一方は登録していない場合。連絡先を登録している方では、相手が友だちに追加されます。連絡先を登録していない方では、「知り合いかも?」に相手が表示されます。

連絡先に登録している友だちを一括で追加できるのは便利ですが、友人や家族だけでなく、仕事や職場の人・昔の知人など、LINEでつながりたくない相手も友だちに追加されてしまいます。

また次のような面もあるので、不都合がある場合はオフにしておきましょう。

「友だち追加された」通知が相手に届く

友だち自動追加をオンにして、まだ自分を友だちに追加していない相手を追加すると、「○○があなたを電話番号で友だちに追加しました。」という通知が相手に届きます。

相手の「知り合いかも?」に表示される

「友だち自動追加」をオンにすると、相手の「知り合いかも?」欄に、自分のアカウントが表示されます。相手の「知り合いかも?」欄から自分を削除したい場合は、アカウントを削除する方法しかありません。

また、相手がすでに友だちに追加していた場合は、自分がアカウント削除を行わない限り、相手の友だちリストに残り続けます。

電話番号を登録されている相手に友だち追加されないための設定

「友だちへの追加を許可」をオンにしていると、あなたの電話番号を知られている相手に、友だち追加されてしまう可能性があります。

自分で許可した相手のみ友だちに追加したい場合は、「友だち自動追加」と、「友だちへの追加を許可」をオフにしましょう。

すると、友だちの追加は、ID検索やQRコード検索でのみ行えるようになります。

「友だちへの追加を許可」をオフにする方法

1下部メニューから「友だち」 → 「設定」の順にタップします。

歯車アイコンをタップ

2「友だち」 → 「友だちへの追加を許可」をオフにします。

友だち自動追加オフ

名前に「#」で特定の相手を友だち自動追加から外す方法

「友だちを自動追加したいけど、アドレス帳に登録している一部の人は、追加したくない。」

そんなときは、追加したくない人のアドレス帳に登録している名前の先頭に「#」をつけて保存してください。すると、「#」をつけた人以外を、友だちに追加できます。

仕事相手などの登録名には「#」をつけておくなど使い方がおすすめです。

#をつけて登録

まとめ

LINEの友だち自動追加をオフにする方法について解説しました。仕事相手など、プライベートのLINEアカウントは知られたくない場合もありますよね。

自動追加されるケースを知っておけば、意図せず友だちに追加されて慌てることもなくなります。自動追加のオン・オフを場合によって切り替えて、プライバシーを守りながら、LINEを快適に使ってみてください。

シェアする