【iPhone】連絡先を登録する方法・できないときの対処法

iPhoneで電話をかける男性

最近はLINEなどメッセージアプリで友だちを登録しておいて、電話帳に連絡先を登録しない人も結構いらっしゃるかもしれません。

しかし、不具合で友だちのデータが消える可能性もゼロではなく、iPhone自体の連絡先にも登録しておくと安心です。そのための方法と、できないときの対処法を見ていきましょう。

着信履歴から連絡先登録する方法

着信履歴からもの連絡先を登録することができます。この方法だと電話番号をイチから入力しなくて済むので、おすすめです。

1. 「電話」アプリを起動して下のタブで「履歴」をタップ → 連絡先として登録したい番号の右にある(i)をタップ → 「新規連絡先を作成」をタップします。

新規連絡先を作成

2. 情報を入力したら右上の「完了」をタップすると、連絡先として登録できます。

新連絡先の作成完了

連絡先アプリから登録する方法

たとえばLINEなどで電話番号やメールアドレスが送られてきたときは、連絡先アプリにコピペして登録するとよいでしょう。

「連絡先」アプリを起動して、右上の「+」をタップ → 各情報を入力 → 右上の「完了」をタップします。

連絡先を登録

名前だけや電話番号だけでも登録できるので、すべての情報を入力する必要はありません。

連絡先が登録できないときの対処法

まれに連絡先を登録しても反映されなかったり、連絡先登録のボタンが出なかったりすることがあるようです。そのような場合の対処方法を解説します。

iPhoneを再起動する

少し待ってみても登録できないようだったら、端末の再起動をしてみてください。電源ボタンを長押し→「スライドで電源オフ」をスライド→数分したら再度電源ボタンを押して起動します。

iOSを最新バージョンにアップデートする

iOSのバージョンによっては、連絡先登録で問題が発生する不具合のあるものがあります。待ってみて再起動しても登録できないままであれば、バージョンアップするとよいでしょう。

まとめ

このように、連絡先はカンタンに登録できます。よく電話のやり取りをする相手や病院など登録しておけば、着信時に名前が表示されるので便利です。

また、連絡先をメディカルID(緊急時の情報)と紐づければ、もしものときに発信する連絡先に指定できるので、活用してみてはいかがでしょうか。

シェアする