【iPhone】写真の位置情報を確認・削除する方法

iPhoneの写真の位置情報

iPhoneで初期設定のまま写真を撮影すると、GPSの位置情報が記録されます。「どこで撮影したか」「特定の場所で撮影した写真一覧」を見られるので、閲覧するときに便利です。

しかし、誤って位置情報を付したままネットにアップしたり、iPhoneを盗難・紛失した場合、第三者に自宅などを特定されたりする危険もあります。

この記事では、

  • 過去の写真に位置情報が記録されていないか確認する方法
  • 位置情報を記録させない設定
  • 位置情報の削除する方法

上記3つについて紹介します。

写真の位置情報を確認する方法

写真の位置情報を記録する設定がオンになっている場合、以下の部分から位置情報を確認することができます。

撮影地から確認する

1. 写真アプリを起動して、下にあるタブの「アルバム」をタップ→「撮影地」をタップすると地図と、それぞれどの場所で何枚写真が撮影されたかが表示されます。

撮影地を選択

2. 地図画面の左下にある矢印アイコンをタップすると、より詳細な撮影地の地図が表示されます。写真をタップすると、そこで撮影した写真一覧を確認できます。

より詳細な撮影地

検索から確認する

写真アプリを起動して、右上の虫めがねアイコンをすると、位置情報の同じ写真は「この周辺」というフォルダにまとめて入れられます。

この周辺で撮影された写真

コレクションから確認する

写真アプリを起動して、下にあるタブの「写真」をタップ → 左上の「<コレクション」をタップすると、写真一覧と撮影場所が表示されます。

コレクションを表示

写真の位置情報を記録しない方法

撮影した写真に位置情報が記録されないようにする方法を解説します。

1. 「設定」アプリを開き、「プライバシー」 → 「位置情報サービス」の順にタップします。

位置情報サービス

2. 「カメラ」をタップ→「許可しない」をタップ、同様に「写真」アプリも許可しない設定します。

許可しない

SNSによっては写真を投稿すると位置情報が削除される仕様になっていますが、心配な方は利用しているSNSアプリで位置情報を「許可しない」に設定しておくとよいでしょう。

写真に記録されている位置情報を削除する方法

すでに位置情報が記録されている写真は、アプリを使うと情報を削除できます。

Photo Secureで位置情報を削除する

ここでは、利用者が多く操作もカンタンな「Photo Secure」というアプリを使って位置情報を削除する方法を解説します。

1. アプリを起動して下部の「Load」をタップ→ iPhoneに保存されている画像一覧が表示されます。赤い字が記録されている位置情報の住所です。

Photo Secureの操作画面

2. 下部メニュー「選択」をタップして、位置情報を削除したい写真を選択→下部の「プライバシー削除」をタップするだけで情報が削除されます。

Photo Secureの操作画面

Photo Secure

Photo Secureの操作画面

カンタンな操作でExifと呼ばれる、位置情報の住所や撮影者などの情報を削除できるアプリです。日本語にも対応しています。

おもな機能・特徴

  • 住所やサイズなどの情報を一覧で確認できる
  • 複数の写真を一括で処理できる
  • 画像の日付変更などもできる

詳細情報

  • iOS 9.0以降iPhone/iPad/iPod touch/Apple Watch対応
  • 無料、App内課金あり(広告解除¥480)
写真のExif 表示 削除  Photo Secure

写真のExif 表示 削除 Photo Secure

DIGITALNAUTS INC.無料posted withアプリーチ

まとめ

このように、位置情報を記録しておくと、「この写真はどこで撮影したっけ?」と思ったとき、すぐ確認することができます。

しかし、SNSに写真をアップすることが多い場合、位置情報が載ってしまわないかと思いますよね。

シェアする