メルカリで商品を出品する方法まとめ

メルカリ出品

メルカリでの出品は、出品画面がかなり親切に説明されているので、意外とカンタンです。しかし、一度も出品したことがないと、どう設定すればよいか分からない部分があるかもしれません。

本記事では実際の出品画面とその各項目について、どう入力するとよいのか、コツを紹介します。商品を売りたいときの参考にしてみてください。

メルカリに出品する流れ

まず、基本的な出品の流れからカンタンに説明します。

1. アプリを起動すると右下に表示される「出品」をタップ → ポップアップが表示されるので、いずれかを選びます。まず写真を添付せず出品画面に移りたい場合は「キャンセル」を選択します。

出品

2. 必要事項を入力して、下部の「出品する」をタップするとすぐに公開されます。この出品画面の各項目について、次項でくわしく解説します。

商品情報を入力

出品画面の説明

出品画面の各項目について、どのように入力・設定すればよいのかをくわしく解説していきます。

商品情報を入力

画像

メルカリでは、売れてからその商品を取り寄せて売るなどの行為が禁止されているため、「自分がその商品を所持していると分かる写真」の添付が必須です。

出品画面でカメラアイコンを押すと、カメラが起動します。下部のタブからアルバムの写真一覧、バーコード撮影のメニューも選べます。添付した画像をタップすると、編集もできます。

カメラ機能

商品名と説明

商品の名前と、どのようなものかを記入する欄です。正式な名称を入力することで、検索した人の目につきやすくなります。記入欄の例文を参考に入力してみてください。

商品の詳細

カテゴリー

適切なカテゴリーに設定することで、求めている人の目につきやすくなります。先に商品名を入力すると、自動的にカテゴリーを設定してくれる場合があります。

商品の状態

新品、傷があるなどを申告する項目です。のちのトラブルなどを防ぐため、正しく設定しましょう。傷や汚れなどがある場合、該当部分を写真にも載せると状態が伝わり安いです。

配送について

配送料の負担

メルカリでは、送料込みのほうが売れやすいです。送料を想定した価格にするとよいでしょう。量りなどがあると便利です。

配送の方法

「配送の方法」をタップすると、配送方法の選択画面が表示されます。迷っているなら、画面最下部「配送方法の決め方」をタップすると、「かんたん配送ナビ」というツールを利用できます。

配送の方法

決まっていないなら「未定」がオススメです。未定にしておけば、売れたあとで自由に決められます。

メルカリ便を選ぶと、匿名配送なので売れた際に相手の宛先が表示されません。配送を郵便などに変更したくなったとき、相手に住所を聞かなくてはならないので面倒になります。

配送についてよりくわしく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

メルカリの出品はカンタンですが、落札された際の発送方法が豊富なため、どの商品をどの手段で送ればよいか迷ってしまうこともあ…

販売価格

事前にメルカリやオークションサイトで似た商品を検索し、その相場で金額を設定するのが一般的です。売れた場合、うち10%がメルカリ側に手数料として取られます。

これらを入力・設定して「出品する」で出品完了です。「下書きに保存」を選ぶと、最初のポップアップの「下書き一覧へ」から編集できるようになります。

まとめ

このように、メルカリの出品画面は入力項目も比較的分かりやすくなっています。内容はいつでも修正できるので、まずは出品してみるのもよいでしょう。

発送についてもそうですが、慣れればスイスイ入力・出品できるようになります。気軽に不用品などを売りに出してみてはいかがでしょうか。

シェアする