【Twitter】リストを非公開で作成・変更する方法

twitter非公開リスト

Twitterにはリストという機能がありますが、これは自分で名前をつけたリストを作成し、ユーザーを選択して見やすくカテゴリー分けできるものです。

このリストは非公開にすることで、ほかのユーザーから見えなくできます。その方法と、すでに公開済みのリストを非公開にする手順、ユーザーに通知はいくのか? などを解説します。

非公開リストを作成する方法

まず、非公開のリストを作成する方法を見ていきましょう。

1Twitterアプリを起動して自分のアイコンをタップ → メニューが表示されたら「リスト」をタップします。

リスト

2「リストを作成」をタップ → 任意の名前や説明文を入力し、下の「非公開」スイッチをオンにして「完了」で作成できます。

リストを作成

既存のリストを非公開にする方法

公開済みのリストを非公開に変更することもできます。

1メニューから「リスト」を選ぶ → 非公開に変更したいリストをタップします。

非公開にするリストをタップ

2右上の「編集」をタップ → 「非公開」のスイッチをオンにして右上の「完了」で変更されます。

既存のリストを非公開

非公開リストに追加したら通知はいく?

通常、リストに追加されたユーザーには「リストに追加された」という内容の通知がされます。しかし、非公開リストの場合は相手に通知されません。

ただし、非公開にしていたリストを公開の設定にすると、通知されるようです。通知されたくないのであれば、その点に注意したほうがよいでしょう。

まとめ

通常のリストを作成すると相手に通知もいきますし、リスト自体が不特定多数の人の目にさらされます。相手に「リストに追加してツイートを見ている」と知られたくない方もいらっしゃるでしょう。

前述のように、リスト作成の際に「非公開」スイッチをオンにするだけで、自分だけが見えるリストを作成できるので、カンタンですよね。

シェアする