【Twitter】キャッシュを削除する方法 | iPhone

twitterキャッシュ削除

スマホでTwitterのアプリを利用しているときに動作が重かったり、強制終了してしまったりするとき、キャッシュを削除すると問題が解決する可能性があります。

Twitterは、カンタンな操作でキャッシュの削除が可能です。その手順を解説していきます。なお、Androidでも操作はほぼ同様になります。

Twitterのキャッシュを削除する方法

iOS版の公式Twitterアプリで、キャッシュを削除する方法が以下のとおりです。Android版でも操作はそれほど変わりません。

1自分のアイコンをタップしてメニューを開く → 「設定とプライバシー」をタップします。

設定とプライバシー

2「データ利用の設定」をタップ → ストレージの欄にある「メディアストレージ」「ウェブサイトストレージ」をそれぞれタップして削除します。

ストレージ

ちなみにメディアストレージとは画像や動画などのデータ、ウェブサイトストレージは表示したサイトのデータ、Cookieやログイン情報などを指します。

キャッシュを削除するとどうなる?

そもそもキャッシュとは、表示したサイトの履歴や画像などのデータを一時的に保存しておき、再度閲覧するときに速く読み込めるようにするものです。

しかし、サイトや画像などを表示するほどこのデータが蓄積されてしまうので、膨大な量になってアプリなどの動作を遅らせる原因になります。

このデータを削除すると、自動ログインしていたサイトがログアウトされることはありますが、サイトが見られないなど不具合を起こすことはありません。

まとめ

Twitterのアプリを利用することが多いのであれば、閲覧した画像やサイトの情報といったキャッシュは結構すぐに溜まってしまいがちです。

毎日削除する必要はないですが、しばらく消していない状態で削除すると、動作が劇的に軽くなるかもしれません。

シェアする