【Twitter】ブロックリストを確認・解除する方法

twitterブロックリスト

Twitterでブロックしたユーザーは、設定画面でリスト表示して確認できます。ここでは一覧を見るだけでなく、ユーザーのページに飛んで解除もできます。

ブロックしたものの、あとから解除しようと思ったときも、このリストを利用するとスムーズです。ブロックリストの表示方法と解除する手順について解説します。

【iPhone】Twitterのブロックリストを確認・解除する方法

iOS版のアプリでブロックしたユーザーの一覧を確認、解除する手順をまとめて紹介します。

ブロックリストの確認手順

1Twitterアプリを開いて自分のアイコンをタップ → メニューから「設定とプライバシー」を選択します。

設定とプライバシー

2「プライバシーとセキュリティ」をタップ → スクロールして「ブロックしたアカウント」をタップすると、ブロックしたユーザーのリストが表示されます。

ブロックしたアカウント

ブロックリストから解除する手順

1「ブロックしたアカウント」一覧が表示されたら、解除したいアカウントをタップ → ユーザーのホームに飛ぶので、右上の「ブロック中」をタップします。

ブロック中

2「ブロックを解除する」とポップアップが表示されるので、これをタップすると解除されます。

ブロックを解除する

【PC】Twitterのブロックリストを確認・解除する方法

つづいて、PCのブラウザ版Twitterでブロックしたユーザーの一覧を確認、解除する手順を紹介します。

ブロックリストの確認手順

1Twitterを開いて自分のアイコンをクリック → メニューから「設定とプライバシー」を選択します。

設定とプライバシー

2左側メニューの「ブロックしたアカウント」をクリックすると一覧が表示されます。

ブロックしたアカウント

ブロックリストから解除する手順

「ブロックしたアカウント」一覧が表示されたら、解除するアカウントの右にある「ブロック中」のボタンをクリックすると解除されます。

ブロック中

まとめ

Twitterではブロックも解除も気軽にできますし、相手に通知などもされません。フォローしながらもツイートをタイムラインに表示しないミュートなどの機能もあります。

SNSを快適に利用するために、適切な場面でブロックや解除、ミュートなどを使いこなすとよいのではないでしょうか。

シェアする