【LINE】トーク履歴・メッセージを削除する方法と注意点

lineトーク削除

LINEでは、友だちとメッセージやスタンプなどをやりとりしたトークの履歴を削除することが可能です。

しかし、相手とのトーク履歴は1度消すと復元できないなど、削除する前に知っておくべき注意点もあります。

この記事では、LINEのトーク履歴・メッセージを削除する方法と注意点を紹介します。

トーク履歴を削除する方法

次の手順で、トーク履歴を自分の画面上からまとめて/メッセージごとに削除できます。

特定の友だち・グループのトーク履歴を削除する

1履歴を削除したい相手とのトーク画面を開き、右上の「V」→「設定」の順にタップします。

設定をタップ

2「トーク履歴をすべて削除」 → 「削除する」をタップすると、その相手とのトーク履歴が削除されます。

トーク履歴をすべて削除

全てのトーク履歴を削除する

1下部メニューから人型アイコンを選択 → 左上の歯車マークをタップします。

歯車アイコンをタップ

2「トーク」 → 「データの削除」の順にタップします。

データの削除

3「すべてのトーク履歴」にチェックを入れます。本当に削除してもいいか確認されるので、「OK」をタップします。

すべてのトーク履歴にチェック

4「選択したデータを削除」をタップすると全てのトーク履歴が削除されます。

選択したデータを削除

メッセージを1つずつ選択して削除する

削除したいメッセージを長押しすると、メニューが表示されるので、「削除」をタップします。

メッセージ削除

削除したいメッセージにチェックを入れ、「削除」をタップ → 続けて「削除」をタップすると、メッセージが削除されます。

メッセージ削除

トーク履歴を削除するときの注意点

トーク履歴の削除は、次のような注意点をチェックしてから行ってください。

削除したトーク履歴は復元できない

メッセージやトーク履歴を1度削除すると、元に戻すことはできません。

大事なメッセージは、LINEの「トーク履歴をバックアップ」「Keep」などにバックアップ保存してから、削除してください。

相手のLINEからトーク履歴は削除されない

トーク履歴が削除されるのは、自分の端末上のみです。

相手側の端末上のトーク履歴も削除されたり、通知が行ったりすることはないので、安心して削除できます。

まとめ

トーク履歴を削除する方法と注意点について解説しました。

過去の履歴は、保存期間や端末の容量が一杯になるなどで、いずれ消えてしまいます。

トーク履歴には、友人や家族・仕事の相手とやりとりした大事なメッセージがあることもあるので、大事なメッセージは、忘れないうちにすぐにバックアップしておきましょう。

シェアする