【Twitter】画像を保存(一括)する方法 | iPhone/PC

twitter画像の保存

Twitterタイムラインに流れるツイートの画像は、iPhoneやパソコンで普通に保存することができます。大きめの画像は投稿時に縮小されますが、方法によっては元の大きさで保存可能です。

通常の保存方法から元の大きさで保存する方法、また一括ダウンロードする手順など、それぞれ紹介します。

【iPhone】Twitterの画像を保存する方法

まず、iOS版アプリで画像を保存する方法をご紹介します。

1. Twitterアプリを起動、タイムラインや検索から保存したい画像を表示しタップ → 右上の「…」アイコンをタップします。

画像をタップ

2. メニューが表示されるので、「写真を保存」をタップするとiPhoneに画像が保存されます。

写真を保存

【PC】Twitterの画像を保存する方法

パソコンで画像を保存する方法は、通常の手順と、元の大きさで保存する手順の2種類を紹介します。

通常の画像を保存する手順

保存したい画像をそのまま右クリック → 「名前を付けて画像を保存」で完了です。

名前を付けて画像を保存

なお、画像をクリックで拡大してから保存すると、拡張子が「jpg_large」になってひと手間かかるので、上記の手順どおり保存することをおすすめします(.jpgに直すと閲覧可能)。

元の大きさの画像を保存する手順

1. 保存したい画像をそのまま右クリック → 「画像のURLをコピー」を選択します。

画像のURLをコピー

2. アドレスバーにコピーしたURLを貼り付け → 直後に「:orig」と入力してアクセスします。

アドレスバー

3. 元のサイズの画像が表示されるので、通常どおりに右クリック → 「名前を付けて画像を保存」をクリックすると保存されます。

名前を付けて画像を保存

Twitterの画像を一括で保存する方法

スマホもパソコンでも「timg」というWebツールを利用すれば、特定のユーザーの投稿した画像一覧、検索したキーワードの画像一覧を一括で保存できます(最近の3,200ツイートから)。

1. timgを開いて、画像を一括保存したいユーザーのID、もしくはキーワードを入力して検索ボタンをクリックします。

twitterの画像を一括検索

2. 画像一覧が表示されるので、上部に表示されている四角に矢印のダウンロードボタンをクリックします。

TwitterJapanの画像検出

3. 「Download」ボタンを押すとダウンロードが開始され、ウィンドウが開いたら場所を選択すれば、画像一覧が入ったZIPデータが保存されます。

画像のダウンロード

画像を保存すると通知される?

リツイートやいいねをすると、ツイートした相手に通知がされます。

そのため、「画像の保存も通知される?」と思うかもしれませんが、画像の保存で通知はされません。

気にせず保存して大丈夫です。

まとめ

iPhoneのアプリとパソコンのブラウザで画像を保存する方法を紹介しましたが、現時点でスマホのブラウザ版「Twitter Lite」では保存ができない仕様のようです。

画像を保存したいのであれば、前述の方法を使ってアプリかパソコンから保存するとよいでしょう。

シェアする