iPhoneのメッセージ削除方法(個別・一括)

メッセージアプリのアイコン

iPhoneの標準メッセージアプリは、LINEと同様に特定ユーザーとの会話をまるごと消したり、またメッセージごとに個別で削除したりすることが可能です。

それぞれの削除方法や、誤爆してしまった場合に送信を取り消す方法をご紹介します。いずれも特別なアプリなどは不要なので、すぐ実践することができます。

特定ユーザーのメッセージを削除する方法

まず、特定のユーザーからのメッセージをまるごと削除する方法を解説します。なお、一人ずつと複数選択で消す方法の2通りを見ていきましょう。

個別で削除する場合

メッセージ一覧のページで、消したいユーザーを左スワイプし、「削除」をタップします。

メッセージをスワイプで削除

「通知を非表示」を押せば、今後このユーザーからメッセージが来ても通知されなくなります。

選択削除する場合

左上の「編集」→ 左側にチェックボタンが表示されるので、削除したいユーザーを選択 → 右下「削除」をタップします。

メッセージを選択して削除

特定のメッセージを削除する方法

自分と相手の発言の両方を削除することができます。ただし、こちらで削除しても相手のメッセージアプリからは消えないので、注意してください。

1. メッセージの吹き出しを長押し → 「その他…」をタップすると、削除したいメッセージを選択できます。このとき、左上の「すべて削除」を押すと、このユーザーのメッセージをすべて削除します。

特定のメッセージ選択

2. 削除したいメッセージを選択したら、左下のゴミ箱アイコン →「メッセージを削除」の順にタップします。

選択したメッセージの削除

まとめ

メッセージは削除しない限りずっと残ります。そのため、もう連絡しないと思われる相手との会話や、不要になったメッセージをそのままにしていると、蓄積されてしまいます。

見やすく・使いやすくするためにも、定期的に消して整理するのがオススメです。そうすれば、アプリの起動や動作もスムーズになることでしょう。

シェアする