【iPhone】初期化する方法|工場出荷状態に戻す

https://lipua.net/468/

これまで使用していたiPhoneを修理やショップでの買い取り・下取りに出すなどの場合、端末のデータを初期化する必要があります。

というのも、データを残していると第三者が自由に個人情報を閲覧・悪用できてしまうためです。それを防ぐための初期化の方法・手順を解説していきます。

データの初期化をする方法

データの初期化には、まずバックアップを取ったうえでiCloudからサインアウト→初期化の操作をおこなう必要があります。それぞれ見ていきましょう。

iCloudからサインアウトする

1「設定」アプリを開き、一番上にある持ち主の名前をタップします。Apple IDの設定画面になるので、下にスクロールして「サインアウト」をタップします。

Apple IDサインアウト

2「データのコピーをこのiPhoneに残しますか?」という画面が表示されるので、残したいデータのスイッチをオンにして「サインアウト」をタップします。

iPhoneに残すデータの選択

3「本当によろしいですか?」と表示されるので「サインアウト」をタップします。データ削除に数分かかる場合があります。

サインアウトの確認

端末のデータを全消去する

1「設定」アプリを開き、「一般」 → 「リセット」の順にタップします。

リセット

2「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップすると、バックアップのアップデートを確認するポップアップが表示されます。「バックアップしてから消去」または「今すぐ消去」を選択します。

すべてのコンテンツと設定を消去

まとめ

初期化するときに重要なのはバックアップを取っておくことです。そうしないと、これまで保存していた連絡先や写真、アプリなど大半のデータを失ってしまいます。

iCloudやiTunesを使ってデータをコピーしておき、アプリによって必要な設定があれば、それを実施してから初期化をおこないましょう。

シェアする