iPhoneのスクショ動画を撮影する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iOS11から、iPhoneで画面収録(スクショ動画の撮影)する機能が追加されました。しかし、手順が分かりにくいため、方法を知らない方も少なくないことでしょう。

スクショ動画は一度設定をすれば、そのあとはカンタンに撮影することができます。その方法や撮影手順、音声を追加する方法などをまとめて解説します。

画面収録をオンにする方法

まず、コントロールセンターに「画面収録」のアイコンを設置しないと、スクショ動画の撮影ができません。その手順が以下のとおりです。

1. 設定アプリで「コントロールセンター」→「コントロールをカスタマイズ」の順にタップします。

コントロールをカスタマイズ

2. 「画面収録」を選ぶと、コントロールセンターに撮影開始のアイコンが表示されるようになります。

画面収録をコントールセンターに追加

動画の撮影開始・終了の方法

つづいて、実際に撮影をおこなう手順を解説していきます。なお、アプリなどのBGMや操作音は自動で取り込まれますが、マナーモードだと無音動画になります。

1. 画面収録のアイコンを押すと、3・2・1のカウントダウンがあってから撮影が開始します。撮影中は上部の時刻表示の部分が赤く表示されます。(iPhone X 以外は、ステータスバーが赤く表示されます)

画面収録開始

2. 撮影を終了するには、赤く表示された時刻表示をタップします。続いて、ポップアップの「停止」をタップすると、「画面収録ビデオを”写真”に保存済み」と通知が表示されて終了します。

画面収録停止

撮影された動画はカメラロールに保存されているので、確認してみてください。

動画に外部音声を追加する方法

スクショ動画は撮影者の声や周囲の音など、外部音声も追加できます。ゲームアプリの実況動画を撮影したいときに最適です。

画面収録のアイコンを強くタップ(3D Touch)→「マイクオーディオ」をオン

マイクオーディオオン

動画を編集する方法

動画の長さ調整など簡易的な編集であれば、カメラロールからカンタンにおこなえます。

動画を選んで右上の「編集」→ 動画として使いたい部分をスワイプして設定 → 右下の「完了」をタップします。

画面収録動画の編集

なお、エフェクトやスタンプをつけるなど高度な編集をしたい場合、標準アプリのClipsやiMovie、その他動画編集アプリをインストールしておこなってください。

動画編集アプリは『iPhoneの動画編集アプリ | 無料おすすめ10選』をご覧ください。

まとめ

一度「画面収録」アイコンをコントロールセンターに設置してしまえば、あとは好きなときワンタップで気軽に撮影することができます。

これまでiPhoneでスクショ動画を撮るには、PCにミラーリングするなど面倒な手順が必要でした。iOS11にアップデートするだけ、アプリなしで動画を撮れるのはかなりの進化といえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*