iPhone Xでスクリーンショットを撮影する方法2つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhone Xでは、ホームボタンがなくなりました。

そのため、今までホームボタンでおこなっていた操作が、他のボタンに置き換えられています。スクリーンショット撮影機能も、その1つです。

この記事では、iPhone Xで新しくなったスクリーンショットの撮影方法を紹介します。

「サイドボタン+音量ボタン(上)」同時押しで撮影

iPhone Xでは、本体側面の「サイドボタン(電源ボタン)」と「音量ボタン(上)」を同時に短く押して放した瞬間、スクリーンショットが撮影されます。

サイドボタンと音量ボタンの同時押し

iPhone Xでスクショをする基本の方法です。

※「同時押し」では、2つのボタンを完全に同じタイミングで押す必要はありません。先にどちらか一方のボタンを押した状態で、もう一方のボタンを押す方法でもOKです。2つのボタンを長く押しすぎると、電源オフ画面が出ることがあります。

タップ1回(AssistiveTouch)で撮影

AssistiveTouchを使うと、仮想ボタンを1回タップするだけで、スクリーンショット撮影ができます。

※AssistiveTouchとは、ボタン操作や複雑なタッチ操作を、画面に表示した丸い仮想ボタンを使ってかんたんに操作できるようサポートする機能です。

1. 設定アプリを開き、「一般」 → 「アクセシビリティ」の順にタップします。

アクセシビリティ

2. 「AssistiveTouch」 → 「AssistiveTouch」をオンにします。

AssistiveTouchオン

3. カスタムアクションの「シングルタップ・ダブルタップ・長押し・3D Touch」のいずれかにスクリーンショットの機能を割り当てます。下図は、ダブルタップにスクリーンショットの機能を割り当てる方法です。

「ダブルタップ」 → 「スクリーンショット」にチェックすれば完了です。

ダブルタップにスクリーンショット機能を追加

スクリーンショットに、仮想ボタンは映り込みません。仮想ボタンのアイコンをドラッグして動かすと、好きな位置に変えられます。

スクリーンショットの設定・サイズなど

スクリーンショットのサムネイル表示

撮影が成功すると、撮影したスクリーンショットのサムネイル画像が、左下に表示されます。

サムネイルをタップすると画像編集ができ、長押しで共有メニューが表示されます。サムネイルは左にスワイプするか、しばらくすると消えます。

スクリーンショットのサイズ
iPhone Xのスクリーンショットのサイズは、「横1125×縦2436」で、iPhone 7より縦長です。

撮影したスクリーンショットに、iPhone X上部ステータスバーの凹形の切り欠けは映り込みません。従来のiPhoneと同じく、長方形の画像が撮影されます。

スクリーンショットの保存場所
写真アプリに保存されます。サムネイルから画像編集した場合は、編集した画像が写真アプリに保存されます。

シャッター音を消す方法
マナーモード(サイレント)にすると、無音で撮影できます。

まとめ

iPhone Xではホームボタンがなくなり、従来のiPhoneのように「電源ボタンとホームボタンの同時押し」でのスクショする方法から、今回解説した方法に変更されています。

Apple製のiPhoneは、どんどん新しくなり、進化し続けています。頻繁にスクショする人は、自分に合ったやりやすい方法を試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*