【iPhone】メールに写真(画像)を添付する方法とサイズの圧縮

メールアプリのアイコン

iPhoneをはじめて使う場合、メールに写真(画像)を添付して送信する方法がわからず、戸惑う人は多いです。

この記事では、iPhoneのメールに写真を添付する方法、画像サイズを圧縮する方法を紹介します。

iPhoneでメールに写真(画像)を添付する方法

メール作成から写真を添付する

1. メールの本文内を長押し または ダブルタップし、メニューを表示させます。

2. 右横の三角形「▶」をタップし、「写真またはビデオを挿入」を選択します。

3. 「写真」アプリが起動するので、添付したい写真をタップします。

4. 「選択」をタップすると、写真が添付されます。

写真アプリから選択してメールに添付する

1. 「写真」アプリを起動し、メールに添付したい写真を表示します。

2. 左下の「共有アイコン」をタップし、「メール」を選択します。

3. メールアプリが起動し、選択した写真が添付されます。

複数の写真を一度に添付する方法

1. 「写真」アプリを起動、右上の「選択」をタップし、メールに添付したい写真(画像)にチェックを入れます。

2. 左下の「共有アイコン」をタップし、「メール」を選択します。

3. メールアプリが起動し、選択した写真が添付されます。

写真(画像)のサイズを圧縮する方法

写真のサイズが大きいと、通信エラーとなり送れない場合があります。そんなときは、添付する写真のサイズを圧縮する必要があります。

メールの圧縮機能を使う

iPhoneの標準アプリ「メール」は、添付画像の容量が大きいと、画像サイズの変更を促すポップアップが表示されます。

1. 写真を添付して「送信」を選択すると、サイズ変更の画面が表示されます。

2. サイズを選ぶと、リサイズされた写真が添付されメールを送信します。

アプリを使い写真を圧縮する

アプリを使い写真サイズを圧縮することも可能です。ここでは、「画像サイズ」を使って写真を圧縮する方法紹介します。

画像サイズ

画像サイズ

vsmedia.de無料posted withアプリーチ

1. アプリを開き、左上のアイコンをタップ。写真へのアクセスを求められるので、「OK」を選択します。

2. 写真一覧が表示されたら、圧縮したい写真を選択します。

3. 選択するだけで、画像が圧縮されます。画像の縮尺を変更したい場合は、「幅」または「高さ」の横にある「≡」をタップし、変更したいサイズを選択します。

まとめ

iPhoneを使い始めたばかりだと最初はわかりにくいですが、使い方に慣れればすぐにできます。メールの写真添付を効率的に使って、仕事や知人とのメールのやりとりに役立ててみてください。

もし添付や送信ができないときは、画像のサイズがオーバーしていないか確認する、本体を再起動するなどしてみてください。

シェアする