iTunesでiPhoneの着信音を作成する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iTunesのライブラリにある曲は、パソコンとスマホの両方が必要なものの、アプリなどを使わず意外と簡単に着信音ファイルを作成して利用できます。

楽曲ファイルの拡張子や、設定を変更する操作が必要になりますが、意外と簡単なので、その手順をご紹介します。電話などの着信音を好きな曲にしたい方は参考にしてみてください。

iTunesの曲を着信音の仕様に変更する方法

まずiTunesで、好きな曲を着信音にするための設定方法を見ていきます。パソコンでiTunesを起動して操作をおこなってください。

1. ファイルをAAC形式に変換

【環境設定を変更する】

メニューバー「iTunes」から「環境設定…」を開きます。

「一般」タブの状態で「読み込み設定…」をクリックします。

読み込み方法:「AACエンコーダ」、設定:「iTunes Plus」を選択して「OK」をクリックします。

【再生時間を変更する】

iPhoneの着信音は39秒以下でなくてはなりません。設定したい曲を一時的に短くします。

着信音にしたい曲を右クリック→「曲の情報」をクリックします。

「オプション」タブで曲の「開始」「停止」の時間を変更します。

開始が0:00のままだと曲の最初が着信音になります。サビを使いたいのであれば、曲を聞いて再生時間のサビ部分を開始時間に設定すればOKです。

【AAC形式に変換する】

着信音にしたい曲を選択した状態で、メニューバー「ファイル」→「変換」→「AACバージョンを作成」

選んだ曲のAACバージョンが追加されるので、一時的にパソコンのデスクトップなどにドラッグして置きます。また、変換していないほうのデータは開始・停止時間を元に戻しておいてください。

2. ファイルをm4r形式に変換

つづいて、AACファイル(拡張子はm4a形式)からm4r形式に変換する必要があります。

先ほどパソコンに置いたファイルを右クリック→「名前の変更」

ファイル名を「曲名.m4a」から「曲名.m4r」に書き換えてEnterキーを押します。

「拡張子を変更すると、ファイルが使えなくなる可能性があります。変更しますか?」とポップアップが表示されたら「はい」を押してください。

3. 作成したファイルをiPhoneに移す

iTunesを起動した状態でiPhoneをパソコンにケーブルで接続してください。

iTunesでiPhoneのメニューを開く→「自分のデバイス上」項目の「着信音」を選択します。

ここに、先ほどm4r形式に変換したファイルをドラッグ&ドロップで取り込みます。

作成した着信音をiPhoneで設定する方法

iPhoneで着信音を設定する方法は、以下の記事でくわしく解説しています。

iPhoneの通知音を変更する方法(電話・LINEほか)

まとめ

「ファイルを変換」というとむずかしそうに聞こえますが、実際はそこまで複雑な操作ではない、とお分かりいただけたのではないでしょうか。

iPhoneの容量に余裕がある限り着信音のレパートリーは追加できるので、いくつか好きな曲を入れて、気分で変えてみるのもよいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*