【iPhone】写真をiCloudでバックアップ・共有する方法

icloudのアイコン

iPhoneに保存した写真のバックアップをとるには、iCloudの利用が便利です。

iCloudのバックアップには、フォトストリームとiCloudフォトライブラリの2つの方法があります。2つの機能は異なるので、バックアップの目的や枚数によって使い分けることが必要です。

ここでは、iPhoneの写真を、iCloudでバックアップ・共有する方法を紹介します。

iCloudで写真のバックアップをとる2方法

iCloudを使い写真のバックアップをとるには、フォトストリームまたはiCloudフォトライブラリを使います。

まず、2つのメリット・デメリットを説明します。

フォトストリームとは

最新の写真を1000枚まで、30日間無料で自動アップロードできる機能です。1000枚以上になると、古い写真から自動削除されます。iCloudのサーバーにアップするため、iCloudストレージを消費しません。

特徴

  • iCloudストレージの容量を消費せず、無料
  • 写真1000枚まで、30日間保管
  • 写真のみ保存できる
  • 最適化された小さめの解像度で保存
  • iPad、iPod touch、Mac、Windows PC、Apple TV (第4世代)から閲覧できる
  • iCloud.comでは閲覧できない

有料は避けたい、最新の写真を一時的に保存できればいいという方におすすめです。

iCloudフォトライブラリとは

撮影した写真やビデオを、iCloudに自動アップロードする機能です。アップしたデータは無期限に保存されるので、確実にバックアップできます。

5GBは無料で使用でき、容量を増やすには月額料金がかかります。フォトライブラリは、iOS 8.3で新たに追加された機能です。

特徴

  • 「カメラロール」の写真が、iCloudストレージに自動でアップされる
  • 無期限に保存できる
  • フル解像度で写真とビデオを保存
  • iPad、iPod touch、Mac、Windows PC、Apple TV (第4世代)だけでなく、iCloud.com、Apple Watchからも閲覧できる
  • ファイル編集が他デバイスに反映される
  • 月額料金(税込) 50GB:130円、200GB:400円、2TB:1300円

無期限で確実にバックアップしたい、データ量が多い、編集操作を共有したい、オリジナル形式の高画質で保存したい方におすすめです。

ここからは、「フォトストリーム」と「iCloudフォトライブラリ」の設定方法について説明します。

フォトストリームでiCloudに写真を自動バックアップ

「設定」アプリを開き、「写真」 → 「マイフォトストリームにアップロード」をオンにします。

マイフォトストリームにアップロードをオン

「写真」アプリに保存された写真は、Wi-Fi環境でのみ自動で同期されます。

注意:同期しているデバイスを、他の人も使う場合

例えば自分のiPhoneと自宅のパソコンを同期させていると、iPhoneで保存した写真が、パソコンにも表示されてしまいます。これを防ぐには、フォトストリームはオフにしてください。

iCloudフォトライブラリで写真を完全バックアップ

「設定」アプリを開き、「写真」 → 「iCloudフォトライブラリ」をオンにすると、同期がスタートします。

iCloudフォトライブラリをオン

注意

「iCloudフォトライブラリ」をオンにすると、iTunesから同期した写真は削除されます。

iCloudで写真を共有する方法

友人や家族と写真を共有したいとき、iCloud写真共有を使えば、枚数が多くてもかんたんに共有できます。

iCloud写真共有の特徴

  • 写真・ビデオを1アルバム5000項目まで共有できる
  • iCloudのストレージを消費しない
  • 写真にコメントや「いいね」ができる
  • iPhoneで保存できるのは写真のみ
  • iCloudユーザー同士での共有

iCloud写真共有の利用方法

1「設定」アプリを開き、「写真」 → 「iCloud写真共有」をオンにします。

iCloud写真共有をオン

2「写真」アプリから共有したい写真を開き、左下の「共有アイコン」 → 「iCloud写真共有」の順にタップします。

iCloud写真共有を選択

3共有アルバム名を入力し、「次へ」をタップします。

共有アルバム名を入力して次へをタップ

4「宛先」に共有相手のメールアドレスや名前を入力し、「作成」をタップします。

宛名を入力して作成

5コメントがあれば入力し、「投稿」をタップすると、共有アルバムの作成と共有は完了です。

共有アルバムにコメント入力

Webに公開してiCloudユーザー以外と共有する

共有アルバムを一般公開すると、iPhoneやMacを持っていなくても、誰でも見られるようになります。不特定の人に見られる可能性もあるので、注意してください。

1「共有」から、共有したいアルバムをタップし、「メンバー」タブを選択します。

共有したいアルバムの選択

2「公開Webサイト」をオンにすると、icloud.comに公開されます。

共有アルバムの公開Webサイト

公開先のURLを共有すれば、iCloudユーザー以外も写真を見れます。

※共有アルバム作成時に、相手の名前やメールアドレスを入力せず「作成」をタップすると、一般公開されます。

まとめ

フォトストリームとiCloudフォトライブラリの違いを知らずに使っている人も多いですが、それぞれのメリット・デメリットを知り使い分けると、大事な写真が消えるトラブルを避けられます。

iCloudに写真をアップしておくと、次のようなときに役立ちます。

  • 急にスマホが壊れて写真が見られなくなった
  • まちがえて大事な写真を消してしまった
  • iPhone内の画像をパソコンやiPadなど他のデバイスから見たい

iCloudを使えば、毎日の思い出や大事な記録を、確実に保存しておけます。

シェアする