【iPhone】iOS11の新機能「ファイル」アプリの使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneではiOS 11から「ファイル」という公式アプリが追加されました。これはGoogleドライブやDropboxといったクラウドに保存したファイルの管理に使えるアプリです。

さまざまな端末で同一データを管理・編集できて便利ですが、最初に起動してみても操作が分かりにくいかもしれません。そこで、基本の使い方をご紹介します。

「ファイル」アプリにサービスを追加する方法

「ファイル」アプリでは最初からiCloud Driveは利用できますが、Dropboxなどほかのサービスを追加するには、つぎのような操作が必要です。

1. 利用したいサービスのアプリをインストールし、サインインします。

2. 「ファイル」アプリを起動し「ブラウズ」画面を表示します。「その他の場所」をタップし、インストールしたアプリをオンにします。

ファイルアプリに追加できるサービス

  • Box
  • Dropbox
  • Googleドライブ
  • OneDrive
  • Amazon Drive
  • Adobe Creative Cloud など

なお、複数のサービスを追加しておけば、たとえばDropboxのファイルをOneDriveに移動、なども「ファイル」アプリ上でできるようになります。

「ファイル」アプリの操作方法

では、ファイルを管理するための基本的な操作方法を解説していきます。

ファイルを開く、編集

すでに保存されているファイルは、それ自体をタップすることで開けます。また、Googleドキュメントなどのデータであれば、Googleドキュメントアプリが起動して編集可能です。

ファイルの並び替え

2つの方法でファイルの表示方法や並び順を変更することができます。

表示方法の変更

右のアイコンを押すことでタイル表示(左画像:一面に並べる)とリスト表示(右画像:タテに羅列)を変えられます。

表示順序の変更

「表示順序:◯◯▼」の部分を押すと、名前・日時・サイズ・タグどの順で表示するかを選べるようになります。

ファイルを移動、整理

ファイル長押し→ドラッグ&ドロップでフォルダに移動することができます。

ファイルが多く移動が大変なら、ファイルをタップ→フォルダアイコン→異動したいフォルダを選択→右上「移動」で移動できます。

タグをつける

ファイルを長押し→吹き出しメニューから「タグ」を選んで押すと、タグをつけられます。ひとつのファイルに複数のタグをつけることも可能です。ちなみにOneDriveではタグづけできません。

なお、タグの名前はブラウズのページで「編集」→タグの名前をタップすると変更できます。

フォルダの新規作成

左上のファイルに+がついたアイコンを押すことで、フォルダを新規作成できます。ただし、OneDriveなど一部サービスでは作成できないので注意してください。

なお、ファイルやフォルダの名前をタップすると、いつでも名前を変更することができます。

まとめ

これまでiCloud Drive自体はありましたが、ファイルアプリが実装されたことでファイルの管理が非常に便利になりました。

同じApple IDでサインインすれば、Mac・iPhone・iPadどの端末でも、すぐにファイル共有できます。タグもつけられますし、これまでよりデータ管理が快適になるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*