【iPhone】YouTubeをバックグラウンド再生する方法4つ

YouTubeアプリのアイコン

iPhoneでは、YouTube(ユーチューブ)動画の音楽や音声をバックグラウンドで再生し、他アプリを利用する方法があります。

画面をオフにしても再生できるので、YouTubeの音楽映像をBGMとして流すことも可能です。

この記事では、YouTubeをiPhoneのバックグラウンドで再生する方法を紹介します。

YouTubeをバックグラウンドで再生する方法

iPhoneには、YouTubeをブラウザやアプリで開き、バックグラウンドで再生する4つの方法があります。1つずつ紹介します。

Chromeブラウザで再生する

Chromeは、高速かつ安全にウェブ閲覧ができる、Google提供のウェブブラウザです。下記のページからインストールできます。

Chrome - Google のウェブブラウザ

Chrome – Google のウェブブラウザ

Google, Inc.無料posted withアプリーチ

1ChromeでYouTubeにアクセスし、バックグラウンド再生したい動画を開きます。
(YouTubeアプリが起動してしまうときは、検索結果を長押し、「新しいタブで開く」を選択し、右上のタブを切り替えます。)

2右上の縦三点マークをタップし、「PC版サイトをリクエスト」を選択します。

3動画を再生して、コントロールセンターを開きます。右上に表示された再生ボタンをタップすると、YouTubeの音声がバックグラウンドで再生されます。

ドルフィンブラウザで再生する

ドルフィンブラウザ(Dolphin Web Browser)は、高速ウェブ検索と簡単な広告ブロックが特徴の、MoboTap Inc.が提供するブラウザアプリです。下記のページからインストールできます。

ドルフィン ブラウザ - 簡単なアドブロック & 高速ウェブ検索

ドルフィン ブラウザ – 簡単なアドブロック & 高速ウェブ検索

MoboTap Inc.無料posted withアプリーチ

1ドルフィンブラウザでYouTube動画を再生します。

2ホーム画面に戻り、コントロールセンターを開きます。「再生」ボタンをタップすると、バックグラウンドで再生されます。

バックグラウンド専用アプリを使い再生する

「Video Clip」というアプリを使うことで、YouTubeをバックグラウンドで再生することができます。

Video Clip - Youtubeの音楽動画を連続再生

Video Clip – Youtubeの音楽動画を連続再生

tanatto ltd.無料posted withアプリーチ

1「検索」タブをクリックし、検索窓に歌手名などを入れて検索します。

2再生したい動画をタップすると、「再生」「プレイリストに追加」というポップアップが表示されます。
ここでは、「再生」をタップした内容を説明します。

3「再生」をタップしたら動画が再生されます。

4ホーム画面に戻り、コントロールセンターを開きます。「再生」ボタンをタップすると、バックグラウンドで再生されます。

※バックグラウンドで再生したい動画を「プレイリスト」に登録すると、連続再生が可能です。

まとめ

iPhoneでYouTubeをバックグラウンド再生する方法を解説しました。

YouTubeにはバックグラウンド再生機能がなく、動画再生中に他アプリの立ち上げや、画面オフにすると、再生が止まってしまいます。

しかし紹介したやり方で、YouTubeを再生したまま、他の操作ができます。iPhoneをより便利に楽しく使えるので、ぜひバックグラウンド再生を活用してみてください。

シェアする