iPhoneのカレンダーアプリの便利な使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneには最初から標準のカレンダーアプリがインストールされています。しかし、これはただ日程を確認できるだけではありません。

イベント開始前に時間を指定して通知、ほかのユーザーと予定の共有、Googleカレンダーなどと連携など、さまざまな機能があります。これらの使い方を見ていきましょう。

カレンダーアプリの基本的な使い方

カレンダーアプリの表示についてと、予定の登録・編集など基本的な使い方を解説します。

カレンダー表示を切り替える

【月間表示→年間表示】

デフォルトでは月間表示です。この状態で左上「<◯◯年」を押すと年表示、年間表示の状態で表示したい月を押すと月表示に切り替わります。

なお、年表示で上もしくは下にスワイプすると昨年・来年のカレンダーが見られます。

【月間表示→日表示】

月間表示の状態で予定を見たい日を選ぶと、日表示になります。また、右から三番目のアイコンを押すと、その日のスケジュール一覧が表示されます。

【週間表示】

端末を横向きにすると週間表示になります。横にならない方は、コントロールセンターを開いてカギのアイコン(縦向き固定)を押して解除してから傾けてみてください。

【予定一覧の表示】

右から三番目のアイコンを押すと、予定一覧の表示になります。この状態で予定が登録された日を押すと、下部にその日の予定がすべて表示されます。

スケジュールを追加する

予定を入力するには、右上「+」→スケジュールの概要や時間などを入力し、右上「追加」で登録されます。

予定が登録されている日は、カレンダー画面で数字の下に灰色の小さい丸が表示されます。

スケジュールの編集・削除

【編集する場合】

登録済みの予定を変更するには、変更したい日を選択→予定を選択→右上の「編集」

【削除する場合】

削除するのであれば、上記の「イベントの詳細」で一番下「イベントを削除」

予定を通知する

予定の前に通知することもできます。それには予定登録時に通知を設定しておくか、登録した後であれば予定を選択→「通知」→通知したい時間を選択すると設定できます。

カレンダーアプリを各種アカウントと連携する方法

カレンダーアプリはiCloudやGoogleなどのアカウントと連携できます。ここでは、Googleカレンダーでの連携方法を解説します。

アカウントを追加する

1. 設定アプリを起動し「アカウントとパスワード」→アカウントの項目「アカウントを追加」

2. 連携したいアカウントのサービス、ここでは「Google」を選択→ログイン情報を入力し、「次へ」

3. ログインが完了したら、先ほどの「アカウントとパスワード」のページに戻り、「Gmail」→「カレンダー」のスイッチをオンにします。

次項の操作をおこなうことで、カレンダーアプリに表示させる予定を選択できます。

カレンダーアプリで表示する

カレンダーアプリを起動→下部真ん中の「カレンダー」→表示したいカレンダーにチェックを入れれば完了です。

まとめ

これまでGoogleカレンダーなどで予定を管理していたという方には、サービスが連携できるのはかなり便利ではないでしょうか。

使い方もそれほど複雑ではなく多機能なので、有効活用すれば紙の手帳よりも快適・カンタンにスケジュール管理できるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*