iPhone AirDropの設定方法と機能・使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneには独自のAirDropという機能があります。これは近くにいるiPhone/iPadのユーザーと、連絡先や写真などのデータを送受信できるものです。

しかし、これをオン・オフにする手順は少し分かりにくいです。その設定や送受信する方法などをまとめて解説していきます。

AirDropをオン/オフする方法

AirDropを受信するにはオンの状態にする必要があります。オフにする方法と合わせて解説していきます。

設定アプリからAirDropをオン/オフする方法

1. 「設定」アプリから、「一般」 → 「AirDrop」の順にタップします。

2. 「連絡先のみ」「すべての人」のどちらかを選べばオン、「受信しない」を選ぶとオフになります。なお、連絡先のみを選ぶにはiCloudログインが必須です。

コントロールセンターからAirDropをオン/オフする方法

1. コントロールセンターを表示します。(iPhone Xの場合は画面右上から下、それ以外は下から上にスワイプ)

2. 左上のグループコントロールを強めにタップします。(3D Touch)

3. 左下の「AirDrop」をタップ→「連絡先のみ」「すべての人」のどちらかを選べばオン、「受信しない」を選ぶとオフになります。なお、連絡先のみを選ぶにはiCloudログインが必須です。

オンにすると、AirDropの送受信に必要なWi-FiやBluetoothも同時にオンの状態となります。

AirDropを使ってデータをやり取りする方法

では実際に、AirDropの機能で連絡先や画像などのデータをやり取りする方法を解説します。

データを受信する方法

前項の手順でAirDropの設定を「連絡先のみ」にしていれば連絡先に登録しているiPhone/iPadユーザー、「すべての人」であれば連絡先以外の相手からもAirDropを受信できます。

受信できる相手からAirDropが届くと、以下のようにポップアップでプレビューが表示されます。受け取るのであれば「受け入れる」、受け取らない場合は「辞退」を選ぶだけでOKです。

受け入れると端末内にデータが保存されます。

データを送信する方法

連絡先を送信する場合

1. 「連絡先」アプリから送信したい連絡先を選び、「連絡先を送信」をタップします。

2. AirDropの欄で送信したい相手のアイコンをタップします。相手が承諾すると送信されます。

画像を送信する場合

1. 送信したい画像を選び、左下の共有アイコンをタップします。

2. AirDropの欄で送信したい相手のアイコンをタップします。相手が承諾すると送信されます。

まとめ

このようにAirDropを使えば、メールやLINEで送るよりもっと手軽にデータを送受信することができるので、かなり便利です。

ただ、使用しないときもオンの状態だと電池を消耗しますし、知らない人からデータを送られてしまうこともあるので、必要なとき以外はオフにするとよいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*