【iPhone】バッテリー表示をパーセント(%)にする方法

バッテリーの表示

iPhoneのバッテリー表示は初期設定の状態だと、電池のアイコンだけで数値的な残量までは分かりません。ある程度の減りはわかっても、残り何%なのかを知りたいこともありますよね。

そこで、iPhone Xやそれ以外の機種でもバッテリー残量をパーセントで確認する方法、また残量が減ったときに色が変わる設定についても解説します。

iPhone Xで表示する方法

Xではバッテリーを常時パーセント表示にできない仕様です。その代わりに、すぐチェックする方法は2つあります。

コントロールセンターで確認する

画面の右上を下にスワイプしてコントロールセンターを開くと、右上にパーセント表示が出ます。

ウィジェットで確認する(AirPodsやApple Watchと連携している人限定)

AirPodsやApple Watchと連携している人限定でしが、設定を変更することで、ウィジェットからパーセント表示を確認できるようにもなります。手順は以下のとおりです。

1. iPhone XとAirPods・Apple watchを連携します。

2. ホームで左スワイプしてウィジェットの画面 → 一番下の「編集」をタップします。

3. ウィジェットに追加できるものが表示されるので、「バッテリー」の左にある「+」アイコンをタップすると表示されるようになります。

iPhone X以外で表示する方法

X以前の機種では設定を変更すると、右上に常時パーセント表示で出しておけるようになります。その手順が以下です。

設定アプリで「バッテリー」→「バッテリー残量(%)」のスイッチをオンにします。

バッテリーの色を変更する方法

iOS 9以降では「低電力モード」というバッテリー消費を抑えられる機能が追加されました。これを有効にすると、バッテリーが20%以下で黄色く変化します。

なお、モード解除は前項のバッテリー設定からおこなえます。

まとめ

これまでのiPhoneでパーセント表示にしていたのに、Xに機種変更したら見られなくなった!と思った方は多いかもしれません。

以上のように1つ操作が必要になりましたが、確認方法としてはコントロールセンターを開くのが一番楽ではないでしょうか。また、今後のアップデートで変更になる可能性もあります。

シェアする