iPhoneの位置情報をオフに設定する方法

iphoneの位置情報

iPhoneで位置情報をオンにしておくと、現在地近くの天気やお店などの情報を検索するなどの機能を利用することができます。

しかし、ずっと位置情報をオンにしていると電池を消耗しますし、使用しているアプリによっては個人情報が漏れる場合があります。それを防ぐ、オフに設定する方法を解説します。

位置情報をオフにする方法

では、位置情報を一括でオフにする方法と、アプリによって個別でオン・オフを設定する方法をご紹介します。

「設定」アプリを起動、「プライバシー」→「位置情報サービス」の順にタップします。

位置情報サービス

すべての位置情報をオフ

「位置情報サービス」のスイッチをオフにすると、すべてのアプリに対し位置情報を使用しない設定になります。

位置情報サービスをオフ

アプリごとに位置情報をオフ

位置情報サービスのページにあるアプリ一覧で、アプリを選択 → 「許可しない」を選択すると、そのアプリでは位置情報を使用しない設定になります。

許可しない

なお「このAppの使用中のみ許可」はこのアプリの使用中だけ位置情報の利用をオンにする設定です。

どのアプリの位置情報をオン・オフにしておけばよいか?

電池消耗や個人情報の漏えいが心配といっても、すべてのアプリで位置情報をオフにすると、少し不便です。そこで、どれをオン・オフにするのがオススメかご紹介します。

位置情報をオンにしておきたいアプリ

基本的にオンにするのは、地図や天気、路線検索など位置情報があるとより便利なアプリがよいでしょう。「常に許可」よりは「このAppの使用中のみ許可」のほうがオススメです。

また、Safariなどのブラウザでオンにすると、現在地の周辺情報がすぐ検索できます。このような情報を調べることがあるなら、オンにしてもよいかもしれません。

位置情報をオフにしておきたいアプリ

SNS系ではオフがオススメです。FacebookやTwitterでは、自分の現在地を共有・投稿する機能があります。これらを利用するならオンでもよいですが、知られたくないならオフがよいでしょう。

このほか、たとえばメールやApp Storeなど、位置情報を利用しなくても使えるアプリは、大体オフにしておいて問題ありません。

まとめ

このように、位置情報はいつでも手軽にオン・オフを切り替えられます。一度オフに設定してもまた変更できるので、なにも考えずほとんどオフにしてしまってもよいでしょう。

そうすると、いままでより電池の減りがグッと抑えられるということもあります。また、SNSで位置情報を間違えて投稿してしまうのも防げるので、一石二鳥ですね。

シェアする