【iPhone】フォルダの作成方法 | ホーム画面のアプリを整理!

アプリのフォルダ整理

「iPhoneのホーム画面がアプリでいっぱい・・・」そんな方はフォルダを作成して同じようなアプリを整理してみてはいかがでしょうか。

フォルダはアプリのアイコンをドラッグして、他のアイコン上に移動するだけで簡単に作成できます。

この記事では、ホーム画面のアプリを整理する「フォルダ」の作成方法について紹介します。

ホーム画面のアプリを整理する「フォルダ」の作成方法

フォルダを作成する手順を紹介します。

1まずどれでもよいので、ホーム画面のアプリのアイコンをロングタップします。するとアプリが震えた状態になり、左上に「×」マークがつきます。

注意

アプリによっては、×マークはつきません。

2この状態で、アプリをドラッグし、同じフォルダにまとめたいアプリの上に移動します。

注意

アプリをドラッグするときに、「×」マークをタップするとアプリが削除されます。

3右上の「完了」(iPhone X以外の機種は、ホームボタン)をタップするとフォルダの作成は完了です。

「フォルダ」にアプリを追加する方法

ホーム画面のアプリをロングタップで震えた状態にします。追加したいフォルダにアプリをドラッグすると、追加できます。

1つのフォルダには、最大135個のアプリを入れることができます。

フォルダの名前を変更する方法

フォルダの名前を変更します。

1名前を変更したいフォルダを開き、どれでもよいのでアプリを長押しします。

2アプリが震えた状態になったら、フォルダ名の右側に表示された「×」マークをタップします。

3新しい名前を入力し、「完了」をタップします。

フォルダ内のアプリをホーム画面に戻す方法

フォルダ内に入れたアプリをホーム画面に戻します。

1ホーム画面に戻したいアプリの入ったフォルダを開き、どれでもよいのでアプリを長押しします。

2アプリが震えた状態になったら、ホーム画面に戻したいアプリをフォルダ外にドラッグします。

3アプリがフォルダ外に出たら、適当なところに配置したら完了です。

フォルダを削除する方法

作成したフォルダを削除します。

1削除したフォルダを開き、どれでもよいのでアプリを長押しします。

2アプリが震えた状態になったら、すべてのアプリをフォルダ外にドラッグします。または、アプリをすべて削除します。

3するとフォルダが削除されます。

まとめ

アプリを整理するフォルダに関する情報を紹介しました。

整理していないと、同じようなアプリを多数とってしまい、iPhoneの容量を重くしてしまいます。

管理するためにフォルダを活用しましょう。

シェアする